注文住宅を検討中の方に向けて!家づくりで考えることについて!

「注文住宅を建てるなら失敗したくない」
家は一生に一度の大きな買い物であるため、このように考えられるのは当然のことだと思います。
そこで今回は、注文住宅を建てる上で考えておきたいことをいくつかご紹介します。

 

失敗と感じてしまった点

考えておきたいことをご紹介する前に、注文住宅を建てた後で失敗だったと感じてしまうことが多いポイントをご紹介します。

 

日照権日当たり

想像していたよりも日当たりが悪く部屋の中が暗かった、ということが失敗例として多く挙げられます。
時間帯や季節によって日当たりは変わってきますので、設計の段階でよく検討しておきたいところです。

関連記事:日当たりの悪い家は後悔してしまう?その理由を解説します! 

 

コンセントの位置

コンセントやスイッチの位置は、実際に生活し始めてからその不便さが明らかになることがあります。
特に家具に隠れてしまったコンセントは非常に使いづらいので、配置はよく考えておく必要があるでしょう。

関連記事:新築の家で考えておきたいこととは?コンセントの位置の注意点について!

 

動線に合った間取りであるかどうか

子どもの成長に伴って生活スタイルが変わり、家族の動線も変化していきます。
そのため、子どもが大きくなった未来の家事動線や生活動線も想像しながら、間取りを考えていきましょう。

 

注文住宅を建てる上で考えること

ここからは、注文住宅を建てる上で考えておきたいことをご紹介します。

 

家の向きや位置

家の向きや位置は建てた後には変更できない要素ですので、よくよく検討しておきたいポイントです。
道路に対して玄関が近すぎたり、リビングに陽の光が入りにくかったりするような家は快適とは言えません。
周囲の景観や防犯、暮らしやすさなど、さまざまな点から考えるようにしましょう。

関連記事:住みやすい家の特徴とは? 動線を考慮した間取りと押さえたいポイント

 

プライバシー

近年では、デザイン性を重視して開放的な住宅にされる方が増えています。
もちろん、長く住む家はデザインも重要ですが、安心安全に暮らしていくためには最低限のプライバシーを確保しておく必要があります。
子供部屋やトイレ、浴室といった水回りの位置を決める際には、外から中の様子がどの程度見えるのかという点を意識するようにしましょう。

デザイナーズハウス

 

まとめ

今回は、注文住宅を建てる上で考えておきたいことをご紹介しました。
注文住宅で失敗をなくすためには、後で変更しづらいポイントを重点的に考えていくことをおすすめします。
大栄建設では、お客様のご要望と資金計画を踏まえた設計施工を一貫してご提供しております。
注文住宅をご検討中の方は、家の設計から資金調達の方法までご提供できる大栄建設にぜひご相談下さい。

 

>>>お問い合わせはこちら

CONTACT US
 0120-81-6636 
営業時間 8:30~17:30
定休日 水曜・祝日 夏季休暇、年末年始

※オンラインでのご相談も受け付けております

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は75%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は75%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU