住みやすい家の特徴とは?

「住みやすい家を作りたい」
家づくりを始める時、こう思われている方は多いと思います。
しかし、家づくりはやはり多くの方にとって「初めて」であることが多いため、「何に気を付けて進めていったらよいのか分からない」というお悩みを抱いている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、今回は住みやすい家を作るためのポイントをご紹介します。

間取りと住みやすさ

住みやすい家を作るためには、間取りをしっかりと考えることが重要です。
では、住みやすい家の間取りとはどういうものでしょうか。

住みやすい家の間取りを考える際のポイントは、生活動線を考慮するということです。
生活動線とは生活する上での動きを線で表したもので、この生活動線を良くするような間取りを考えると、結果として住みやすい家ができあがります。

具体的には
〇 水廻り(トイレ・洗面所・浴室など)を近くに置く
→ 家事をする際の移動距離が短くなり(=家事動線が短くなり)、家事を効率的に行うことができるようになります
〇 動線が交わりやすい場所(例:朝のトイレ、洗面所)は、スムーズに行き来できるように工夫をする
→ 朝の出勤・登校前の洗面所等での混雑が解消されます

まずは、ご自身の生活動線を確認してみましょう。

高気密・高断熱は住みやすい家には不可欠です!

高気密・高断熱の家は、省エネで快適な暮らしが実現できるという点から、最近では新築のスタンダードになりつつあります。
そもそも、どんな住宅が「高気密・高断熱の家」なのでしょうか?
高気密住宅とは、精度の高い建築部材や防湿シート・断熱材・気密テープなどを使って、可能な限り隙間をつくらないようにして建てられた住宅を指し、高断熱住宅とは、断熱性の高い断熱材と窓を採用することで、断熱性能を高めた住宅の事をいいます。

ここで気を付けなければならないのが、高気密なだけ、または高断熱なだけでは快適な暮らしは実現できないということです。
高気密なだけでは外壁の熱が室内を暑くし、サウナのようになってしまいます。また高断熱なだけでは外気が入ってきてしまい、快適な温度を保つことが難しくなります。
高気密・高断熱にすることによって、冷暖房で快適な温度にした室内の空気が逃げにくく、屋外の影響を受けにくい環境を作ることができます。
暑さや寒さなどの外気の影響を受けにくい高気密・高断熱の住宅は、一年中快適に過ごせる家=住みやすい家を作るための必須条件です。

まとめ

今回は、住みやすい家の特徴と住みやすい家を作るためのポイントを紹介しました。
間取りや室温は住みやすさに大きな影響を与えます。
今回ご紹介した生活動線・気密性・断熱性といったポイントを押さえて、住みやすい家づくりを進めていただけたらと思います。

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2022年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は80%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は70%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%

MENU