現状の外壁に問題ございませんか?

外壁塗装は、月日が経過すると劣化が生じるものです。
外壁塗装を行うことは建物の見た目の印象を良くするだけではなく、建物の寿命を延ばし、安全・快適に暮らすことにもつながります。
つまり、外壁の塗装が劣化したまま放置すると、建物自体にも悪影響を与えることになりますので、劣化が生じた場合には適切な対応を取る必要があります。

外壁の劣化原因は?

強い日差し(紫外線や熱によるもの)

外壁塗装の表面は、太陽光の強い紫外線や熱にさらされると、劣化の進行が早まります。
特に真夏の紫外線の強さは強烈で、大きなダメージとなります。
日当たりのよい建物の南面は、北面と比較して早期に劣化が生じやすくなります。
ただし、北面の壁は日射しを浴びる時間が短い分、湿気を帯びやすくなります。
そのため、カビや結露が発生しやすくなります。

外壁塗装の経年劣化のイメージ

雨や風(温暖差や雨水によるもの)

外壁は雨や風にさらされる状態が続くと、劣化が早まります。
また、強度を失った塗面から塗装の内側に雨水が侵入していき、塗装の内側に湿気が溜まっていきます。
溜まった湿気は太陽の日射しによって温められると、体積が大きくなるため、
内側から押し出すような形で外壁が膨れてしまう症状となって出ることがありますが、これも経年劣化の症状の一つです。

外壁塗装の経年劣化のイメージ

経年劣化

時間の経過とともに劣化が進行するのは避けられません。
建設場所が穏やかで良好な環境だったとしても、やはり時間の経過と共に劣化が進行してしまうのは避けられないことであるため、
症状に応じた適切なメンテナンスが必要となってきます。

外壁塗装の経年劣化のイメージ

外壁塗装のタイミング

一般的に、外壁塗装をおこなうタイミングは、「10年が目安」と言われています。
10年が経たずとも、外壁に劣化が進んでいる場合、塗装をお勧めします。
今一度、ご自宅の外壁をご確認してみてください。

外壁にこのような傷みが現れていませんか?

外壁塗装の経年劣化のイメージ ボードの浮き・膨れ
外壁塗装の経年劣化のイメージ カビ・コケ
外壁塗装の経年劣化のイメージ ひび割れ・劣化
外壁塗装の経年劣化のイメージ 汚れ

外壁にこのような症状がでたら、塗り替えのサインです。

大掛かりな補修工事になる前に

外壁の劣化範囲が広がると補修作業も大変になり、費用もかさんでしまいます。
外壁塗装をすると、建物の「外観の美しさ」が蘇るだけでなく、「建物の寿命」が延び、丈夫な家になります!
まずは、弊社にご相談ください。
点検後、最適な外壁塗装をご提案し、【安全・快適な家づくり】のお手伝いをいたします。

飛び込み営業にはご注意を!!!

必ずしも、全ての訪問業者が悪徳業者というわけではありませんが、その後のトラブルを回避するためにも、その場で焦って契約をするのではなく、一度きちんと見極める時間を設けることが重要です。

訪問業者の注意ポイント

  • 会社の所在地が曖昧
  • 大幅な値下げ等、価格を安く設定
    「今日、契約してくれたらお安く工事しますよ」
  • 不安感を煽ってくる
    「すぐに工事をしないと大変なことになりますよ」
  • 塗装工事を開始してから、追加料金を請求
悪徳訪問営業のイメージ

身近に信頼できる工務店を見つけておく

外壁はもちろんのこと、建物は少しずつ経年劣化し、メンテナンスが必要となります。
ですが、飛び込みで業者が訪問してきた場合、本当にその工事をすべき時期なのか、その業者は信頼できる業者なのかどうかを、焦らずに見極めなければなりません。
そんな時、やはり身近に信頼できる工務店を事前に見つけておくと、いざという時、安心して相談ができます。

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2022年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は80%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は70%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%

MENU