SDGsへ向けた大栄建設の取組み

大栄建設は、SDGsの目標達成と持続可能な社会の実現に向け、地域密着の工務店として事業を通じて社会の課題解決に取り組んでいます。
地域の人たちが安心して暮らせる社会をつくるための住環境の整備と、健康・快適で理想的な暮らしをお客様に提供し、地域社会に貢献できる企業を目指します。

SDGs_GOALS

 

SDGs_logo

 

持続可能な開発目標

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール、169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

 

 

SDGsへ向けた大栄建設の具体的な取組み

太陽光パネル
太陽光パネルを設置することで、エネルギーを消費するだけの家から、エネルギーを創り出す家にすることができます。
創エネ設備の導入で家計と環境に優しい家づくりを実現できます。

 

 

FFC 加工の免疫住宅
クロスに FFC 加工を標準仕様にすることで、美味しい空気の吸える、化学物質やアレルギーのない住まい造りを実現しています。

 

スミキャスとヘルスプロテクト
ヘルスプロテクトは木炭を原料にした体に優しい内装用塗料で、 シックハウス症候群、アレルギーなど現代人の健康を害する様々な住まいの問題に向き合い開発されました。
スミキャスは、室内の壁や天井に塗装されたヘルスプロテクトにマイナスの電気を加えることで室内をキレイにするとともに、木炭と電気の力で室内環境を健康空間に変えることができるシステムです。

スミキャス-ヘルスプロテクト

 

 

耐震等級 3
「耐震等級 3」の建物とは、消防や警察などの防災拠点となる建物の耐震性に匹敵する耐震構造のことです。
直下率や壁量のバランスなども考慮した耐震等級 3 の建物を標準仕様としています。

 

 

今までは日本の住宅の平均寿命は 30 年と言われていました。住宅に使用した資材は 30 年でゴミになってしまうということです。

つくる責任として、30 年しか持たないような住宅ではなく、長期優良住宅を標準仕様とし、100 年住める家づくりをしています。

そして、住む人も低炭素な暮らしを実現するために、パッシブ設計や太陽光発電など自然エネルギーを利用して、普通に暮らしているだけで地球環境に貢献する家づくりをしています。

 

 

その他の取組み

CONTACT US
CONTACT US
 0120-81-6636 
営業時間 8:30~17:30
定休日 水曜・祝日 夏季休暇、年末年始

※オンラインでのご相談も受け付けております

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は75%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は75%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU