家づくりの正しい考え方

Point 1 建築コストに関する正しい考え方

建築コストを計るモノサシしとして坪単価を用いることがありますが、実は坪単価では何も判断できません。最初は安い坪単価も、お引渡しの時には当初の坪単価よりも高くなってしまったということは、とてもよくある話です。
予算から業者選びをすると、坪単価というモノサシで計りたくなるのは無理もありませんが、建物性能やご家族のこだわりは妥協して、予算内におさめられる設計が第一優先になってしまう可能性があります。
本来、建築コストは「坪単価」というモノサシではなく、「人生全体の幸福感」というモノサシで計ることが必要です。ですから、コスト感ではなく、価値観で業者選びをすることが大事になってきます。 価値観を共感できる業者を選んでから、予算に合せて設計するというのが本質で、予算ありきの坪単価で業者選びをしてはいけません。

建築コストに関する正しい考え方

Point 2 建物についての正しい考え方

建物は丈夫で長持ちする構造躯体を最優先してください。
当社では、集成材に丹沢檜を使用し、耐震等級3を標準仕様としています。
また、長持ちさせるためには、丈夫なだけでなく住み心地が良いことが大切です。
光熱費の負担が少なく、冬暖かく夏涼しい、快適な環境を実現しなければ、数十年で建て直すという事になりかねません。
いつまでも快適に住める年数が建物の価値であると私たちは考えています。

建物についての正しい考え方

Point 3 業者選びに関する正しい考え方

家づくりをはじめると、早々に悩むのが業者選びです。
ハウスメーカーにするか、ローコストビルダーにするか、地元の工務店にするか、設計事務所にするか、という選択肢で悩むところです。
残念ながら工務店に建替えや新築を依頼するというイメージができないという方も多くいらっしゃいます。
しかしながら、建築家と家づくりとなるとイメージは膨らむのではないでしょうか。
当社は地元工務店でありながら、二級建築士事務所として設計業務も行い、設計施工を一貫してご提供しております。
また、資金計画についても専門の担当者がおりますので、お客様のご要望を伺いながら、プランをご提案させていただきます。
ワンストップで家の設計から資金調達の方法までご提供できる当社に是非、ご相談下さい。

業者選びに関する正しい考え方

Point 4 完成建物に関する正しい考え方

当社は建物性能によって、住環境が快適になり、光熱費コストが軽減されていることをご実感いただくために、完成引き渡し後には、湿温計をプレゼントしております。
夏涼しく冬暖かい高性能住宅を数値的にもご実感いただき、さらに光熱費も低減されていることにご満足いただけるはずです。
エアコンの使い方や換気の仕方など、住みはじめてから気になることは、「住まい方勉強会」と3ヶ月に一度開催しておりますので、お施主様はご都合の良い日程でご参加いただけます。
いつまでも快適にお過ごしいただくために、お客様とともに学び続けています。

完成建物に関する正しい考え方

Point 5 アフターメンテナンスに関する正しい考え方

アフターメンテナンスには、経年劣化への対応のほかにも、台風や地震など、もしもの時の対応が求められます。
地震や台風のあとに住宅に被害があった場合には、応急処置に駆けつけます。
定期点検も実施しておりますが、扉の調整などの軽作業であれば無償(※)でご対応致しますので、いつでもお声がけ下さい。

※状況によっては有償になることもございます。

アフターメンテナンスに関する正しい考え方

REASON

大栄建設が選ばれる理由

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2022年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は80%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は70%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%

MENU