回遊動線とは?メリットについてご紹介します!

家の間取りを考える際の重要なポイントとして、暮らしやすさが挙げられます。
暮らしやすさは人によってさまざまで、ライフスタイルの変化によっても変わってきています。
そんな暮らしやすい間取りで今人気なのが、「回遊動線」を考えた間取りです。
回遊動線を考えた間取りにすることで、移動しやすく効率的な生活を送りやすくなります。
そこで今回は、「回遊動線」についてご紹介します。

 

回遊動線とは?

回遊動線と聞いてもイメージしにくいという方も多いのではないでしょうか?
回遊動線とは、「行き止まりがなく家中をぐるぐる回れる間取り」のことをいいます。
一般的な家では、廊下で繋がった部屋が行き止まりになっているため、スムーズな移動ができないことがありますが、回遊動線を考慮した間取りであれば、引き返すことなく回れるため、効率的な移動ができるようになります。
代表的なもので、アイランドキッチンでキッチン回りを移動できるようにしたり、ウォークスルーシューズクローク、ウォークスルークローゼットで動線をスムーズにしたりといったものが挙げられます。

関連記事:生活動線を考慮しないとどうなる?考え方を解説します!

回遊動線

 

回遊動線のメリットについて

では、回遊動線を取り入れることによるメリットはどんなものがあるのでしょうか?

移動を短縮できる

行き止まりのない回遊動線の間取りは、移動経路の選択肢が増えるため、家の中の移動の効率を上げることができます。
例えば、玄関からキッチンに直接移動できる間取りにすれば買い物の荷物を運ぶ際に便利になりますし、キッチンから洗面所に直接移動できるようにすれば、ぐるっと回らなくても洗濯などの家事をする際の移動が効率的になります。

関連記事:家事動線を考慮したファミリークローゼットとは?注意点も併せて解説します!

 

家の中で渋滞が起きにくくなる

キッチンやリビング、洗面所、トイレ、浴室といった、ご家族全員が利用する場所は、渋滞が起きやすいものです。
しかし、これらの場所に辿り着けるルートが複数あることで、渋滞することなくスムーズに移動することができます。
バタバタとする朝の忙しい時間帯や、お客様が来ていて通れない場合などでも別のルートを使うことができます。

関連記事:住みやすい家の特徴とは? 動線を考慮した間取りと押さえたいポイント

 

家事の負担を軽減できる

キッチンや洗面所などを回遊できる間取りは、家事効率が格段に良くなります。
特に浴室、洗面所、ランドリールーム、収納などの洗濯動線を良くすることで、洗う・干す・畳む・しまうといった一連の作業を効率的に行え、家事の負担軽減につながります。

関連記事:家事を効率化するための水回り動線の考え方

 

開放感のある間取りになる

回遊動線を考えた間取りにすることで、壁で仕切られた場所や行き止まりの場所が減るので、開放感に包まれます。
また、各部屋の様子がわかりやすくなるため、特にお子様のいらっしゃるご家庭にとっては、お子様の気配や様子を感じることができるため、何かあった時にすぐ察知できるというのも大きなメリットとなります。

開放感のある間取り

 

まとめ

今回は、回遊動線についてご紹介しました。
回遊できる家は動線が短くなり、生活をするうえで便利なことがたくさんあります。
その一方で回遊動線を取り入れるために収納が減ってしまったり、間取りに制約が出てしまったりといったデメリットも存在します。
メリット・デメリットを踏まえて、どんな不満を解消したいのかといった点を考えながら、回遊動線を取り入れた間取りを考えてみてはいかがでしょうか。

CONTACT US
 0120-81-6636 
営業時間 8:30~17:30
定休日 水曜・祝日 夏季休暇、年末年始

※オンラインでのご相談も受け付けております

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は75%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は75%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU