家事を効率化するための水回り動線の考え方について

「家事動線を考慮した家づくりがしたい」
家事の効率や移動のしやすさなどを考える際に、家事動線を考えることは非常に重要で、
家事動線にこだわることは生活の質の向上に繋がります。
家事動線のなかでも水回り動線は、日常生活を送るうえで大きな割合を占めるため、
自分たちの生活スタイルに合わせて配置することが理想的です。
今回は、水回りの家事動線の考え方や水回りで大切なことについてご紹介します。

水回り動線を優先的に考える必要がある理由

 

水回り動線を優先的に考える必要がある理由

なぜ水回り動線について優先的に考える必要があるのかいまいちピンと来ない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
水回り動線を優先的に考える理由は、水回りの使い勝手が悪いと生活が非常に不便になるからです。
家事をするとき、身支度を整えるときなど水回りはいろいろな生活シーンで使われます。
水回り動線を考慮していないと、家事をする際の移動距離が延びて時間がかかってしまったり、動線が交わりやすい場所で混雑してスムーズに移動ができなかったりと、水回りが使い勝手の悪いものになってしまいます。
家づくりの時、リビングや寝室の方にどうしても意識が向いてしまいスペースを広くしてしまうことで、水回りが疎かになり狭くなってしまいます。
水回りは狭いほど使い勝手が落ちてしまい、住んでみないとその不便さに気づけない場合が多いので注意が必要です。
水回りを優先的に考えることでそのような失敗を防げるため、優先的に考えることが大切になるのです。

関連記事:日々の暮らしを便利にするランドリールームの魅力

 

水回りはまとめることが大切!

水回りはまとめることが大切!水回りで家事を行うことは非常に多く、キッチンや浴室、トイレなど水回りの設備はなるべく近い場所にまとめて配置することで、効率的に家事を行うことができるようになります。
特に家事をする際に最も行き来することが多いと言われるのが、キッチンと洗面室です。
キッチンと洗面室の配置が遠いと、行き来に時間をとられ家事がスムーズに進みません。
配置が近ければキッチンで調理をしながら、洗濯をしたり、お風呂やトイレの掃除をしたりと並行して家事をすることが可能になります。

また、キッチン、浴室、洗面室、トイレなどに付属する配管設備は工事費に影響を与え、水回りを1ヶ所に集めることで、配管工事のコストが安くすむというメリットもあります。
配管設備は定期的にメンテナンスをする必要がありますが、その際も配管が1ヶ所に集中していることでメンテナンスが楽になります。
水回りを1ヶ所に集めることは動線がよくなり家事の効率も上がりますが、コストの面でもメリットがあります。

関連記事:生活動線を考慮しないとどうなる?考え方を解説します!

 

水回りは音に注意!

どんなお部屋からでもすぐ水回りへ行けることは便利に違いありませんが、近すぎると音の問題が生じてしまう事があります。
トイレを流したり、浴室でシャワーを使ったり、洗面室で洗濯機を回したりなど、水回りでの作業は必ず音が発生してしまいます。
2階に水回りがあると、1階まで排水音が響くことがあります。
また、寝室とトイレが近いと音が夜中に響き渡り、目が覚めてしまうかもしれません。
音とは別に、臭いが広がってしまう可能性もあります。
普段生活をするリビングやダイニング、寝室などとはある程度の距離を保つようにしましょう。

水回りは音に注意!

 

まとめ

考えられた家事動線は暮らしやすさに直結していると言っても過言ではありません。
特に家事動線の中でも、水回りの動線は非常に重要になってくるため、水回りの考え方や1ヶ所にまとめることなどを家づくりの際の参考にしていただければと思います。
水回りをどうしても1階と2階にわけなければならない場合は、1階と2階の同じ場所に持ってくると配管がスムーズになり、音も気になりにくくなります。
生活する上で重要な、家事効率の良さと快適さを考えた家づくりを一緒に行っていきましょう。

CONTACT US
CONTACT US
 0120-81-6636 
営業時間 8:30~17:30
定休日 水曜・祝日 夏季休暇、年末年始

※オンラインでのご相談も受け付けております

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は75%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は75%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU