4人家族の家の平均坪数はどれくらい?注文住宅をご検討中の方必見です!

「4人家族の家の平均的な坪数を知りたい」
「間取りを考えるときに、考慮した方が良い点はなんだろう」
このように思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
今回は4人家族の家の平均坪数と、間取りを考える際に考慮すべき点についてご紹介します。

 

4人家族の家の平均的な坪数について

坪数とは具体的にどのくらいの広さかご存じでしょうか?
1坪は約3.31㎡で畳2枚分の広さのことを言います。
人間1人が生活するのに必要な坪数は8~10坪(26.44~33.05
)と言われていて、つまり4人家族の家なら32~40坪(105.78~132.23)くらいが理想的ということになります。
そして4人家族の家の平均的な坪数は30~35坪(99.17~115.7)ほどと言われており、間取りとしては3LDK~4LDKでこのくらいの広さがあれば家族全員でくつろぐことができるリビングやダイニング、さらに夫婦の寝室や子ども部屋もそれぞれ設けることができます。

しかし同じ4人家族でも、年齢や家族構成などによって必要な部屋数や収納スペースなど、条件はそれぞれ異なってきます。
30~35坪という広さはあくまで目安として捉え、それぞれのご家族で必要な部屋数やスペースを足し引きしながら、最適な広さを考えてみて下さい。

関連記事:4人家族が快適に暮らせる家の広さはどれくらい? 

広い家

 

間取りを考える際に考慮すべきこととは?

では、4人家族の家の広さの目安がわかったところで、家の間取りを考える際に考慮すべき点にはどのようなものがあるのかご紹介します。

日当たり

1つ目は日当たりです。

間取りを考える際に日当たりの良い場所にどのお部屋を配置するかはとても大切なポイントです。
リビングが日中一番長く過ごす場所であれば、日当たりの良い場所に配置した方が良いでしょう。
子ども部屋も日当たりの良い場所にと考える場合は、2階の日当たりのよい場所が候補になります。
日当たりを考えることで、お部屋が明るくなったり、湿度を抑えたりといったメリットが生まれます。

関連記事:日当たりの悪い家は後悔してしまう?その理由を解説します! 

 

収納スペース

家族団らん2つ目は収納スペースについてです。

ご家族の人数が多ければ多いほど、収納に必要なスペースは増えます。
収納スペースを確保したばかりに、お部屋が狭くなってしまっては本末転倒ですが、すっきりと生活するには適度な収納スペースは欠かせません。
戸建ての場合、収納率15%ほどが目安で、この目安を参考にお部屋の広さとのバランスを考えながら、収納スペースを確保しましょう。

関連記事:新築の収納はどれくらいあったら良い?満足度が高い収納にするポイント

 

家族同士のコミュニケーション

3つ目はご家族のコミュニケーションが取りやすい間取りになっているかどうかです。

キッチンからリビングの様子が見える間取りは、家事をしながらでもご家族と会話ができるため自然とコミュニケーションも多くなります。
階段を使う際には必ずリビングを通るようなリビング階段の配置にすると外出時や帰宅時に声をかけやすくなるなど、ご家族の気配がどこかで感じられる間取りにすることも大事なポイントの1つです。

関連記事:家づくりで考えたい階段の位置とは?間取りのポイントを紹介!

 

子どもの成長に合わせた柔軟な部屋

4つ目は子ども部屋の間取り変更を容易にできるようにしておくという点です。

子どもが成長するにつれて生活スタイルが変化するため、最適な間取りも変化していきます。
子どもの成長に合わせて、容易に変更できるような間取りにしておくことが理想的です。
間取り変更にはさまざまな方法がありますが、あらかじめ左右対称の広めのお部屋を作っておき、子どもが小さいうちは大部屋で、将来的に真ん中で仕切ることで2部屋にするなどが代表的な例になります。

関連記事:子ども部屋の平均的な広さは?失敗しないための考え方

 

まとめ

今回は4人家族の家の平均坪数と、間取りを決める際に考慮すべき点についてご紹介しました。
ご家族のライフスタイルによって最適な広さや間取りは異なります。
大栄建設ではそれぞれのお客様にあった間取りをご提案いたします。
ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

CONTACT US
 0120-81-6636 
営業時間 8:30~17:30
定休日 水曜・祝日 夏季休暇、年末年始

※オンラインでのご相談も受け付けております

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は75%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は75%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU