4人家族が快適に暮らせる家の広さはどれくらい?

「新しく家を建てたいけれど、どれくらいの広さにすれば良いか分からない」

新築をお考えの方の中には、このようにお悩みの方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、4人家族が住む場合の理想的な家の広さについて解説します。

4人家族が住むのに理想的な家の広さとは?

1人暮らしであれば、部屋が狭くても上手に工夫することで、快適に暮らすことができると思います。

しかし、4人家族となると話は別です。

必要最低限のスペースが確保されていなければ、いくら工夫しても、快適に暮らすことはできません。

では、4人家族の家の広さの目安はどのくらいなのでしょうか。

国土交通省によると、4人家族が豊かな生活を送るのに必要な広さの目安は、戸建てであれば125㎡とされています。(3~5歳児が1人いる場合は、112.5㎡が必要な広さとなります)

リビングのスペースは10~14畳あれば、家族の団らんを楽しんだりするには十分でしょう。

リビングのスペースが確保できたら、あとは必要な子ども部屋や夫婦の部屋、水回りや収納スペースを確保していきます。

それぞれの部屋のバランスや優先順位をよく考えて、理想的な広さと間取りを実現させましょう。

4人家族の家の間取りはどうすれば良い?

4人家族の家の間取りで多いのは3LDK又は4LDKです。

3LDKとは、L(リビング)、D(ダイニング)、K(キッチン)に加えて3つの居室がある間取りを指します。

夫婦の部屋と、子どもが成長した時に2人にそれぞれの部屋を確保できる間取りとなります。

4LDKは、キッチン、リビング、ダイニングに加えて4つの部屋がある間取りです。

4つの部屋があるため、家族全員がそれぞれの部屋を持つことができます。

夫婦で1部屋・子ども部屋を2部屋とした場合、あと1部屋はリモートワーク用の部屋にしたり、ウォークインクローゼットにしたりできます。

2LDKの場合にはLDK+2部屋となり、夫婦の部屋と子ども部屋をそれぞれ1部屋ずつというかたちになります。

子ども部屋は1部屋ですが、パーテーションなどで仕切って2つのスペースに分けられるような仕様にしておくと、将来子どもから「個室がほしい」と言われた際に対応することができます。

家族構成やライフスタイルは変化していきます。

その変化に対応できるような間取りにすることも、間取りを考える際には重要なポイントになるでしょう。

まとめ

今回は、4人家族が快適に暮らせる家の広さや間取りについて解説しました。

大栄建設ではご家族の希望やご予算をお伺いし、家族みんなで快適に暮らせる家づくりを行っています。

新築をお考えの方は大栄建設までお気軽にご相談ください。

 

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2022年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は80%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は70%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%

MENU