長持ちする家を建てるには?押さえておきたいポイントもご紹介!

家を建てる際、「なるべく長持ちする家を建てたい」とお考えになる方は大勢いらっしゃいます。
長持ちする家を建てるためにはどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。
いくつかあるポイントのうち、ここでは大栄建設で『長持ちする家を実現するため』に
実際に実施しているポイントをご紹介します。

長持ちしない家の条件

長持ちする家の条件を知るためには、逆に長持ちしない家の条件を知ることが近道です。
それでは、どのような条件の家だと長持ちしないのでしょうか。

1つ目は立地条件が悪いことです。
ここで言う『立地条件の悪さ』とは『自然災害のリスクが高い』場所かどうかということです。
建物がどんなに頑丈に作られていても、地盤の弱い地域だったり、土砂災害警戒区域や浸水のリスクが高い地域であったりした場合、自然災害によって被害を受ける可能性が高くなります。
つまり、家を長持ちさせるためには、自然災害のリスクが低い地域に家を建てることが重要になります。

2つ目はメンテナンスがしづらい構造になっている家です。
例えば、床下の配管の修理やシロアリ対策の薬剤の散布は、床下に人が入って行いますが、床下に人が入りづらい構造になっていると、そのメンテナンスがしっかりと行えません。

この他にも、小屋裏の点検口がなければ雨漏りに気付くのが遅くなってしまったりすることがあります。
このように、メンテナンスのしづらさは家全体の劣化につながるため、家を長持ちさせるためにはメンテナンスのしやすさが重要になってきます。

関連記事:大栄建設の家づくり 耐久性

 

長持ちする家を実現するためのポイント

長持ちする家を実現するには、どのようなポイントに気を付ければよいのでしょうか?

1つ目は耐震等級です。
地震が多い日本において、家を長持ちさせるためには地震に対する備えをしておくことがポイントの一つであり、地盤が強いかどうかだけではなく、建物も地震に強い構造にしておくことが必要となります。
この建物の地震に対する強さを指標として示したものが耐震等級になります。

1から3の3段階の等級があり、3が最も高い等級です。
耐震等級3の住宅は建築基準法で最低限クリアしなければならない耐震性の1.5倍もの耐震性があります。
大栄建設では耐震等級3が基本仕様になっていますので、この点では長持ちする家の条件を満たしていると言えるでしょう。

2つ目は第三者機関によるチェックの有無です。
図面上強度がある家=長持ちする家になっていたとしても、図面通りに施工されていなければ、その強度は確保できません。
図面通りに施工されているか、第三者機関によって確認する機会の一つが建築基準法に
おける「中間検査」です。

横浜市では中間検査の実施は必須ですので、どのお宅でも必ず検査を受けていますが、
自治体によってはこの中間検査が実施されない場合もあります。
そのような場合、図面通りに施工されているかどうかの確認が難しくなります。
まずは、第三者機関によるチェックの有無を施工会社に確認することが、ご自身のお住いの品質の確保につながるではないでしょうか。

関連記事:大栄建設の家づくり 耐震性

耐震等級

まとめ

今回は、長持ちする家を建てるために押さえておきたいポイントをご紹介しました。
家を長持ちさせるためには災害に強い家を実現しておくことが肝心です。
大栄建設では、耐震等級3+長期優良住宅を基本仕様として家づくりを行っております。
ご興味のある方は、大栄建設までお問い合わせください。

 

耐震・耐久に関する記事はこちら

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2022年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は80%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は70%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%

MENU