新築注文住宅 大栄建設の家づくり

耐久性

構造材

構造材とは?

住宅の耐久性に大きく関係するのが、骨格となる構造材です。
仕上げ材は容易に改修できますが、構造改修となると、建て替えという事にもなりかねません。
構造材とは主に「土台と柱と梁」に使用する木材のこと言います。

土台

地面に一番近く床下という環境なので、湿気による腐朽とシロアリの食害という危険に晒されます。腐朽に強くシロアリの食害を受けにくい木材を土台に使用しています。

壁の内部結露による湿気、外壁部での漏水などが無いSW工法を採用し構造材の内部結露による劣化を35年保証しています。また長期的には、外壁のメンテナンス不足による雨水の侵入の可能性が考えられますので定期点検を実施しています。
地面に近い部分では土台と接していますから、湿気に強い事、シロアリに食われにくくする対策も施しています。

梁は柱の上に横たえて、屋根・棟の重みを受ける材木です。
垂直方向の荷重に耐えるために、高さのある材木を使用しますが、原木からそのサイズがとれないため、集成材を使用しています。
集成材は強度にばらつきが少なく、大きな梁をつくることができます。

ヒノキ

ヒノキは硬い材質でできているため、耐久性に優れ、腐朽菌にも強く長持する木材という特徴があります。ヒノキの特徴として、カビ・細菌繁殖の抑制、消臭・脱臭、湿度調整機能、断熱効果、などがあります。
伐採後から強度が増してゆき、100年はもつ木材としても知られています。

ひのきのイメージ

内部結露

内部結露を防止して構造体を長持ちさせます

建物の気密性を向上し、スーパーウォールパネルで断熱することで、内部結露のリスクから構造体を守ります。
築25年の住宅を解体したら構造体が新築のようだったという事例もあります。

スーパーウォール工法の構造体写真

内部結露とは?

壁の内部に湿気のある空気が通り抜ける部分があり、構造体内部(柱や構造壁)が結露してカビや腐食がおこると建物の耐久性は低くなります。
スーパーウォール工法は断熱性の高いパネルを隙間なく施工するため、構造内部に空気を通しませんので、構造体内部を結露させない工法を採用しています。

内部結露で傷んだ建物の写真

結露保証

断熱材内部の結露による劣化を35年間保証 

スーパーウォール工法で使われる、スーパーウォールパネルに使用している断熱材は、水分を透しにくい硬質ウレタンフォームを採用しています。室内からの湿気をガードし、断熱材内部に結露を発生させない高性能な断熱材です。開発元のLIXIL(リクシル)によって、瑕疵保証(10年間)では保証されない断熱材内部の結露による劣化を35年間保証します。

断熱材の透湿抵抗比較グラフと結露保証書

24時間換気システム

24時間換気システムとは、窓を開けなくても外の空気を室内に入れ、室内の空気を外に排出する仕組みのことを指します。
24時間換気システムは「常時換気」と呼ばれ、ゆっくりと家全体の空気を入れ替えて循環させていく換気システムで、およそ1時間で家の中の半分の空気を入れ替えます。

24時間換気のイメージ

シロアリ

シロアリ対策

木造住宅にとっての天敵である「シロアリ」。
シロアリ被害を受ければ住宅の資産価値が下がってしまいますし、何より地震に弱くなり、安全な住まいではなくなってしまいます。

シロアリ被害のイメージ

当社では、ベタ基礎の内断熱をを採用し、防蟻材によるシロアリ対策をしています。

定期点検

建築後も定期点検を行なっております

劣化が拡大する前に修繕できるように定期点検を行なっております。
定期点検の際に発見された不具合をその都度修繕できれば、メンテナンス費用は抑えられ、建物の性能が維持されるため、結果的に資産価値を高く保つことができます。
「一生涯住める家」は家計の安定にもっとも費用対効果の高い投資です。
定期点検を行ったら、必ず住宅履歴情報として記録を残します。建物の状況を詳細に把握できていれば、あとは適切な修繕を行なえば末永く住める我が家になります。
私たちは地域のみなさまのお住まいをしっかりとお守りするために、定期点検をおこない住宅履歴情報を蓄積しています。

住宅定期点検のイメージ

REASON

大栄建設が選ばれる理由

CONTACT US
 0120-81-6636 
営業時間 8:30~17:30
定休日 水曜・祝日 夏季休暇、年末年始

※オンラインでのご相談も受け付けております

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は75%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は75%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU