ランニングコストがかからない家にするためのポイントとは?

家は建てる際にも、建てた後にもお金がかかります。
家にかかる費用は、できれば少ない方が家計にも優しいですよね。
そこで今回は、家にかかる費用のうちランニングコストがかからない家にするためのポイントをご紹介します。

 

ランニングコストとは

家にかかる費用は大きく2つに分けられます。
1つ目は家を建てる際にかかるイニシャルコストです。
物件購入費用の他に、登記費用や火災保険、その他にかかる税金などの費用もこれに含まれます。

2つ目は今回ご紹介するランニングコストです。
こちらは建物を建てた後に毎月必要になってくる費用のことを指します。
具体的には修繕費や光熱費などがこれに当たります。

修繕費は、例えば外壁や屋根の塗装が経年劣化で剝がれた場合に、修繕する時にかかる費用のことです。
光熱費は電気・ガス・水道料金等であり、中でも電気料金の占める割合が一番大きくなっています。
ランニングコストを抑えるためには、これらの2つの費用について注意する必要があります。

 

ランニングコストがかかりにくい家について

それでは、ランニングコストがかかりにくい家にするにはどうすればよいでしょうか。

1つ目は断熱性を高めることです。
断熱性を高めることにより、ランニングコストの中でも大きなウェイトを占める光熱費、中でも冷暖房費を抑えることができます。
断熱の方法にも色々とありますが、大栄建設ではSW(スーパーウォール)工法をご提案しています。
SW工法は、高性能なSWパネルと高断熱のサッシ・ドア、計画換気システムから構成される、高気密・高断熱・高耐震構造の工法です。

次に、採光や通風について考えることも大切です。
夏場の直射日光はなるべく防ぐように、冬場は室内にたっぷりと日射しが入るように工夫をすることで、冷暖房費を削減することができます。
風通しとのバランスを考えて、最適な採光の計画を立てておくことが大切です。

最後に、部屋の数をあまり増やさないこともポイントです。
部屋数が多いと、比例して照明やエアコンの数も多くなってしまうため、光熱費がかかる要因となります。
また、部屋数を抑えることはランニングコストだけではなく、イニシャルコストである建築費用も抑えることにもつながります。

パッシブハウス

まとめ

今回は、ランニングコストがかからない家にするためのポイントについてご紹介しました。
なるべく家にかかる費用を抑えたいという場合は、イニシャルコストである建築費用だけでなく、ランニングコストにも目を向けておくことが大切です。
大栄建設ではお客様のご要望を取り入れた住宅をご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2022年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は80%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は70%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%

MENU