一般的な家の広さはどのくらい?家の広さについて解説します!

「家を建てたいが、どのぐらいの広さが良いだろうか」とお考えの方はたくさんいらっしゃると思います。
一般的な家の広さを知っておくと、どのぐらいの広さがちょうどよいのかを考える際の参考になります。
そこで今回は、一般的な家の広さについて解説します。

 

一般的な家の広さについて

2018年に住宅金融支援機構がローンの申込者に対して行った調査によると、注文住宅の面積の全国平均は約127㎡と言われています。
127㎡は坪数で表すと約38坪になります。
建売住宅の平均は約30坪(約99㎡)であるため、戸建て住宅は30坪から40坪程度(約99㎡〜約132㎡)の広さが一般的と言えるでしょう。

平均的な家の間取りについて

ここからは平均的な間取りについてご紹介します。

戸建て住宅の一般的な広さである30坪から40坪程度(約99㎡〜約132㎡)の広さの家であれば、4LDKの間取りにする方が多いです。
具体的には15畳~18畳のLDK、約6畳の客間、約8畳の夫婦の部屋、約6畳の子供部屋が2つという間取りになります。
この間取りであれば収納にも余裕があるため、よほどモノが多くない限り快適に過ごせる居住スペースが確保できます。

上記の間取りで想定している居住人数は4人です。
夫婦+子ども2人の4人家族であれば、ほとんど不自由することなく快適に過ごせる広さといえるでしょう。
また、お庭や駐車場のスペースも十分に確保できます。

では、7人前後の家族が快適に過ごすにはどの程度の広さが必要なのでしょうか。

一般的には60坪(約198㎡)の広さがあれば7人家族であってもゆとりを持って暮らせると言われています。
この家の間取りとしては、LDKが25畳、応接間が8畳、6畳の洋室が5部屋となります。
これだけお部屋を作ってもまだかなりスペースがあるため、収納を追加したり、トイレを複数個設置したりできます。

 

まとめ

今回は一般的な家の広さについて解説しました。
最適な家の広さは、家族の年齢・人数等によって大きく変わってきます。
大栄建設では、お客様のご要望をお伺いし、お客様の理想の暮らしを実現できるようなプランをご提案させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2022年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は80%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は70%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%

MENU