家づくりで失敗したくない方必見!後悔しないためのポイントをご紹介

「家づくりで失敗したくない」
「後悔しないためのポイントが知りたい」
住宅購入は安い買い物ではないので、このような悩みが出るのも当たり前ですよね。
しかし、どのような点に気をつけて家づくりをすすめていけばよいのか、わからない方が少なくないと思います。
そこで今回は、家づくりで失敗してしまう理由と失敗しないためのポイントをご紹介します。

新築住宅の家づくりで失敗する理由とは

ここではまず新築で失敗・後悔してしまう理由をご紹介します。
あらかじめ失敗・後悔してしまう理由が分かっていれば、それを回避することが可能になります!

1つ目は、住宅業界に関しての十分な知識がないことです。
土地購入や資金計画、契約や業界事情など、はじめて新築住宅を購入・建築する方にとってはなじみのないことばかりです。
例えば、購入した土地の近所にクレーマーがいたり、周囲の公園では若者が夜遅くまで騒いでいたりといったことを知らず、購入してから後悔することがあります。
他にも、借り入れできる最大額で住宅ローンを組んでしまったことで、住み始めてからの生活が思ったより苦しくなってしまったということもあります。
理想を詰め込み過ぎたがために、予算の2倍もの費用がかかってしまったという声もあるようです。

2つ目は、建築に対しての十分な知識がないことです。
構造や内装、外壁や建材などについての知識不足が原因で、失敗したと感じる方がいらっしゃいます。
例えば、ドアやコンセントの使い勝手が良くなかったり、内装がイメージと違うものになってしまったりという後悔があります。
また、間取りなどのプランを決める際の記録を残さなかったため、後々言った言わないのトラブルに発展してしまったという方もいらっしゃいます。

3つ目は、家のコンセプトが明確になっていないことです。
間取りのプランニングや住宅会社選びなどは、家のコンセプトがある程度決まっていないと進めるのが難しいです。
とはいえ、打ち合わせの回数や期間は限られているため、決められた時間の中でコミュニケーションをとり、理想の家になるようプランニングをしていく必要があります。
なかなかコンセプトが決まらないために会社選びの際に投げやりになってしまったり、プラン作りを工務店等に丸投げしてしまったりすると、後悔する可能性が大きくなってしまいます。
相性が良く、信頼のおける会社を見つけて、プランニングを依頼することが大切です。

失敗や後悔しないための対策ポイント

まず、土地選びは新築工事を依頼する住宅会社に相談して進めることをおすすめします。
住宅業界に関しての知識が不十分な状態で自分で土地を探して購入すると、日当たりや立地、採光などの面で失敗する可能性が高まります。
また、不動産会社は土地を売ることが目的なので、その土地に理想のマイホームを建てられるのかまでは関与しません。
その点、住宅会社であれば理想のマイホームを建てるための土地探し、という視点でサポートいたします。

次に、土地にいくら、建物にいくらかけるのか、それぞれの予算の上限を設定しましょう。
また、住宅ローンは借入限度額いっぱいまで借りるのではなく、世帯収入の5倍~6倍を目安に設定するようにしましょう。
自分たちが使えるお金の上限がわかることで、プランニングの際に予算オーバーになり後悔することを避けられます。
資金計画についてはご家族の状況によっても変わってきますので、大栄建設のような住宅会社やファイナンシャルプランナーに相談することをおすすめします。

さらに、間取りやコンセプトで失敗しないよう、まずはSNSや雑誌などでイメージの情報収集を行い、イメージを膨らませるのがポイントです。
こんな家にしたいと思える要素をピックアップしたり、家族が今の家に抱えている不満を洗い出したりすると、どんな間取りや雰囲気を実現していきたいのかが見えてきます。
イメージは、言葉だけでなく写真やイラストとともに担当者に伝えると、コミュニケーションのずれが生じにくくなります。
また、担当者がお客様の要望をヒアリングした上で提案したプランについて、気になる点や疑問に思う点はどんな小さなことでも質問するようにしましょう。

 

まとめ

今回は家づくりで失敗したくない方に向けて、失敗してしまう理由と後悔しないためのポイントをご紹介しました。
家づくりは誰もが失敗したくないと思っています。
悩んだとき、困ったときは考え込まずに、ぜひ大栄建設にご相談ください。

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2022年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は80%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は70%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%

MENU