カビが生えない家を作るためには?カビを防いで健康に過ごそう!

「カビによるアレルギーを持っている」
「カビの生えない家を作りたい」
このように思っていらっしゃる方は少なくないと思います。
カビは空気のあるところで条件が揃えば、残念ながらどこにでも発生すると言われています。
ですので「カビが生えない家」を実現することはなかなか難しいですが、「カビが生えにくい家」は条件を整えることで作ることが可能です。
それでは、どんな条件が揃えばカビは生えにくくなるのでしょうか。

キッチン6

 

カビが生えない・生えにくい家の特徴とは?

風通しが良い

風通しが良い住宅は、カビの発生の原因である湿気や埃が溜まりにくくなります。
昔の日本家屋は風通しがよく、日本の気候に合った作りになっており、カビ予防においては理にかなっていました。
しかし快適性が低いため、住宅の高気密・高断熱化が進んでいきました。
住宅が高気密・高断熱化してきたことで、通気性が下がってしまいましたが、設置が義務付けられている24時間換気システムをきちんと稼働させることで、通気性が上がり、カビの発生の原因である湿度をコントロールすることや埃を溜まりにくくすることができます。

関連記事:木造住宅は湿気対策が重要です!やっておきたい対策とは?

 

日当たりが良い

日当たりの良い家はカビが生えにくくなります。
太陽光に含まれる紫外線には殺菌力があるため、カビの発生を抑える効果があります。
また、太陽の光がたくさん入ることで湿気が溜まりにくくなり、カビの発生を抑えられる環境になるため、日当たりは非常に重要になります。

関連記事:日当たりの悪い家は後悔してしまう?その理由を解説します! 

 

モノが少なく、掃除が行き届いている

カビの発生の原因である埃を除去するには、お掃除をすることが必要です。
モノが少ないと、お掃除がしやすくなり、埃がたまりにくくなります。
またモノが少ないことにより、家具の間に隙間が多くなり通気性が良くなるため、カビの発生源である湿気や埃がたまりにくくなり、結果としてカビが生えにくくなります。

関連記事:掃除がしやすい部屋にするためのポイントを解説します! 

 

カビが生えない家にするには

 

カビを生えにくくするためのポイントとは?

カビを生えにくくするには、どうしたらよいでしょうか?カビが生えない家にするには2
ポイントは「湿度」と「養分」への対策です。

カビが好む環境は※気温20~35℃で、湿度が70%以上ある場所と言われています。

※参考:健康・快適居住環境の指針 -健康を支える快適な住まいを目指して- 東京都福祉保健局

気温をコントロールすることは難しいですが、湿度をコントロールすることは可能なため湿度対策が大切になってきます。

湿度対策のポイントとしては何といっても換気です。
今は設置が義務付けられている24時間換気をしっかりと稼働させることはもちろんですが、窓の結露対策を行うことも有効な湿度対策となります。
結露は水分そのものなので、カビにとっては絶好の繁殖場所となってしまいます。
断熱性能の高い窓を採用するなど、室内が外気の影響を受けない対策を取って、カビが生えにくい環境を作りましょう。

関連記事:内部結露とは?危険性と対策をご紹介します 

 

そして、養分対策にはやはりお掃除が有効です。
生活していると自然と汚れは溜まっていきます。
汚れがカビにとっての栄養となりますので、清潔に保てるようにこまめにお掃除しやすい空間づくりをすることも大きなポイントとなります。

 

まとめ

今回はカビが生えにくい家を作る際のポイントをご紹介しました。
カビは湿気や埃がある場所であれば、どこでも発生します。
一番重要なのは湿度をコントロールすることなので、上手に換気をし、またこまめなお掃除も心掛けましょう。

 

>>>健康に関する記事はこちら

CONTACT US
 0120-81-6636 
営業時間 8:30~17:30
定休日 水曜・祝日 夏季休暇、年末年始

※オンラインでのご相談も受け付けております

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は75%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は75%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU