木造住宅は湿気対策が重要です!やっておきたい対策とは?

快適な暮らしを送るためには、適度な湿度に保つことが重要です。

湿度が高い状態は人の健康だけでなく、木材にとっても木造住宅にとってもよい状態とは言えません。

木造住宅にお住いの方、またこれから木造住宅を建てようと思っていらっしゃる方は、

湿度が高いことによって起こりうるトラブルについて把握しておくことが大切です。

そこで今回は、湿度が高いとどんなトラブルが起きる可能性があるのかと、その対策についてご紹介します。

 

湿度が高いことによって起こりうるトラブルとは?

日本は梅雨時期から夏にかけて、湿度が高い日が続きます。

当然住宅内の湿度も上がり、それによってさまざまなトラブルが発生するリスクがあります。

湿度が高いと体力を消耗しやすくなる。

湿度が高くなると、身体に熱がこもりやすくなります。

温度がそれほど高くなくても湿度が高いと熱中症にかかるリスクが高まるのは、このためです。

体に熱がこもってしまうと、ちょっとした家事などで軽く体を動かしただけでも息が切れ、疲労を感じやすくなります。

湿度が高いとカビが発生しやすくなる。

湿度が高いと室内にカビが生えてしまいます。

カビは住宅の汚れの中でも、最も対処に困る汚れの1つではないでしょうか。

また、カビは健康にも悪影響を及ぼす恐れがあります。

害虫が発生する。

気密性の高い室内では、湿度が高いとダニが発生しやすくなります。

特に布団やソファーなど、人が触れる機会が多い場所ではダニの繁殖の可能性が高くなります。

こちらもカビと同様、健康に悪影響を及ぼす恐れがあるため要注意です。

 

住宅の湿気対策をご紹介!

快適な暮らしを送るためにも、こうしたトラブルはできる限り避けたいですよね。

では、適度な湿度に保つのに有効な対策とはどのようなものでしょうか。

1つ目は風通しの良い間取りにすることです。

部屋ごとの風通しだけでなく、家全体の風通しが良くなるような間取りにしておくことがポイントです。

そうすることで家全体で空気が滞る箇所が少なくなり、湿気がこもりにくくなります。

例えばLDKの場合、L字型よりもI字型の方が風通しがよい間取りになります。

2つ目は一部屋に窓を2つ以上設けることです。

理想は、一部屋にドア+窓2ヶ所です。

空気の出入り口が3ヶ所あることで部屋の中で空気が滞りにくくなりますし、ドアを閉めていても十分換気をすることができます。

3つ目は除湿器を活用することです。

最近の除湿器は性能が良いものが多くなってきているので、十分な除湿効果が得られます。

ただし熱を帯びて室内が暑くなることがあるため、外出時に作動させると良いでしょう。

4つ目は結露をマメに拭くことです。

冬場の窓ガラスに発生する結露を放置していると、サッシのパッキンやカーテンなどにカビが発生する原因となってしまいます。

結露を見かけたら、すぐに拭き取るようにすると良いでしょう。

まとめ

今回は、湿度が高いと起こりうるトラブルと、家づくりや日常生活の中でできる対策についてご紹介しました。

住宅を長持ちさせるために、また快適で健康な理想的な暮らしを実現するために、湿気対策は非常に重要になります。

湿気対策に関してもっと知りたいという方は、是非大栄建設にご相談ください。

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2022年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は80%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は70%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%

MENU