掃除がしやすい部屋にするためのポイントを解説します!

念願のマイホーム、キレイな状態をなるべく長く維持できたらいいですよね。
そのためには、日々の掃除が重要になってきます。
そこで今回は、掃除がしやすい部屋にするためのポイントをいくつかご紹介します。

 

掃除がしやすい部屋作りのコツとは?

片付けられない男性おしゃれなインテリアやディスプレイが映えるような格好良いお部屋にするためには、部屋に清潔感があることが必須です。
そのためには掃除がしやすい部屋にしておく必要があります。
では、掃除がしやすい部屋にするためのコツとはどのようなものがあるのでしょうか。

1つ目のポイントは『面』にものを置かないことです。
服が床に置きっぱなしになっていたり、デスクの上に物が散らかっていたりすると、掃除機をかけたり拭き掃除をしたりすることが難しくなります。

そのため、床やデスクの上といった面には物を置かないように心がけましょう。
特に、テーブルや棚の上をすっきりと片付けておくと、日々の掃除は楽になります。 リモコンや調味料をテーブルに置く習慣がある場合には、取っ手付きの容器にまとめておくと散らからず、掃除もしやすくなります。

2つ目のポイントは掃除機をかける動線を意識して家具を配置することです。
掃除機の移動がスムーズにいかないと、それだけで掃除がストレスになってしまいます。
そこで、掃除機をかける際の動線を考慮した家具の配置がポイントとなってきます。
具体的には、部屋の中央にメインとなる大通りを作って、左右に家具を配置すると掃除がしやすくなります。
コード式の掃除機をお使いの場合には、コンセントの位置やコードの長さも考慮して家具を配置すると、よりスムーズに掃除機をかけることができます。

 

掃除がしやすい部屋づくりで工夫したいポイント

ここからはさらに工夫しておきたいポイントをいくつかご紹介します。

1つ目は洗面台の周りは吊るす収納を活用し、台の上に物を置かないようにすることです。
洗面台の周りに物を置いておくと底が濡れてしまい、カビが発生してしまいます。
吊るしておくことで掃除も簡単になり、カビの発生を防ぐことが出来ます。

2つ目はキッチンのコンロ周りに物を置かないことです。
コンロの周りにキッチンツールや調味料などを置いておくと、油が飛んで汚れてしまい、コンロ周りだけではなく、置いてあるものの掃除もしなくてはならなくなります。
コンロ周りに置いてあるものは、コンロ下の収納スペースにしまうなどして、余分な掃除はしなくて良いようにします。

3つ目はラグやマットはなるべく敷かないことです。 部屋のアクセントとして敷いていらっしゃる方も多いと思いますが、掃除のしやすさの点から考えると、ない方が掃除は楽になります。

 

まとめ

今回は、掃除がしやすい部屋にするためのポイントをいくつかご紹介しました。
掃除がしやすいようにするためには、なるべく無駄な物は置かないように心がけましょう。
大栄建設では住み心地をしっかりと考えた住宅をご提案いたします。
暮らしやすい家を作りたいとお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

収納に関する記事はこちら

CONTACT US
 0120-81-6636 
営業時間 8:30~17:30
定休日 水曜・祝日 夏季休暇、年末年始

※オンラインでのご相談も受け付けております

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2022年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は80%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は70%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%

MENU