スキップフロアはやめたほうがいい?メリットと活用方法、後悔しないための注意点

空間をおしゃれに有効活用するために、スキップフロアを取り入れる方がいらっしゃいます。
スキップフロアと聞いても、どういったものかあまりイメージができないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
スキップフロアを取り入れることでさまざまなメリットが生まれますが、より快適な空間を実現するためには工夫が必要です。
そこで今回は、空間デザインにメリハリをつけるために、スキップフロアのメリットと注意点についてご紹介します。

ロフト

スキップフロアとは?

スキップフロアとは、ひとつのフロアに床の高さを変えた部分を持つ間取りのことです。
縦の空間を考慮して間取りを設計し、本来はない中間層を段差を利用してつくるため、高さが変わることで空間が緩やかに繋がる開放感のある間取りを実現できます。
空間を縦にも有効活用できる間取りとして注目を集めており、一定の条件を満たすことでお家の広さに対して使える床面積を増やせるため、立体的でおしゃれな印象に仕上げることができる特徴があります。
また、スキップフロアによって廊下を設置するスペースが不要となるため、狭い空間を有効活用する方法として用いられます。

スキップフロアとロフトの違い

スキップフロアに厳密な定義はありませんが、上階や下階と動線が繋がる居住空間の中にある床の高さに変化を付けた間取りをスキップフロアと呼びます。
対して、ロフトは高さに違いはありますが、小屋裏空間など他の階層に繋がっておらず、高さや床面積に制限があります。
また、スキップフロアが居住スペースであるのに対して、ロフトは収納・物置を前提にしたスペースであるという点でも異なります。

関連記事:建ぺい率(建蔽率)と容積率とは?緩和される条件もご紹介します!

スキップフロア
出典:大阪ガス住設の家

スキップフロアのメリット

スキップフロアを取り入れることで、おしゃれさや機能性以外にも様々なメリットがあります。
ここからはスキップフロアを取り入れるメリットについてご紹介します。

家族とのコミュニケーションが取りやすい

スキップフロアは独立した空間ですが、スキップフロア自体は上階と下階の間にあり、壁ではなく段差で空間を区切っているため、コミュニケーションが取りやすい間取りにすることができます。
子どもいるご家庭でスキップフロアをキッズスペースやスタディスペースにする場合は、リビングダイニングにいてもスキップフロアにいる子どもの様子を確認できるため、安心できるでしょう。
また、スキップフロアを親のワークスペースや趣味の空間として使用した場合でも、リビングダイニングで遊んでいる子どもの様子を確認できるため、こちらも安心でしょう。
ご家族との時間や繋がりを大切にされたい方にとっては大きなメリットとなるでしょう。

空間を有効活用できる

スキップフロアは縦に空間が広がるため、うまく活用することで、壁や扉といった横の仕切りを最小限に抑えられ、お家の中の限られたスペースを広く使えるようになり、間取りの自由度もより高くなります。
廊下を設けずにつながりのある大きな空間にできるため、広々とした開放感が実現できます。
さらに、スキップフロアは一定の条件を満たせば延べ床面積に加算されないため、土地に対して実質的に床面積を増やすことが可能になります。
スキップフロアによって生まれた段差を有効活用し、床下部分の空間を利用した収納を作りやすいというメリットもあります。

関連記事:延べ床面積と施工面積の違いは?敷地面積と建築面積についても解説します!

リビングダイニングをおしゃれな空間にできる

おしゃれな家にしたいという理由でスキップフロアを採用する方も少なくありません。
スキップフロアを一つの立体的な空間としてデザインすることで、オリジナルで立体的な構造のおしゃれさを演出することができます。
リビング、ダイニング、キッチンなどと合わせてデザインすることで、空間全体に統一感を演出することができ、印象も変えることができます。

関連記事:おしゃれなリビングを作るためには?作り方のコツをご紹介します! 

視覚的に広く見える

ドアや壁でお部屋を区切るとどうしても圧迫感が出てしまいますが、高さの変化でお部屋のようにするため、視界を遮らず開放的な空間をつくることができます。
縦に広い空間は視覚的に広く見える効果があり、居る場所によって視点が変わるため、同じ階にいながら別のお部屋にいるような気分を味わえます。
例えば、リビングダイニングと2階を繋ぐ階段の途中にスキップフロアを設けることで、2階から見下ろす景色に
加えて1.5階からリビングダイニングを眺める景色が生まれます。
スキップフロアを設けることで、多角的な視点で眺めることが可能になります。

関連記事:リビングダイニングを広く見せる間取りとレイアウトの考え方

スキップフロア
出典:ひむか住建

スキップフロアを作るときの注意点

段差が多くなる

スキップフロアは、ドアや壁をつくってお部屋を区切るのではなく、高さの変化でフロアを区切ります。
お家の中に段差が増えるため、移動の度に上り下りが発生するので面倒に感じたり、お掃除が大変だと感じたりしやすくなります。
バリアフリーではないため、若い方にはメリットも多いですが、高齢者の方にとっては生活しにくくなってしまう可能性があるため、将来どう暮らしていくかを良く考えておく必要があるでしょう。

コストが高くなる

デザインが魅力的なスキップフロアですが、一般的な住宅に比べて設計の難易度が高くコストも高くなります。
単純な2階建ての構造のお家よりもどうしても手間がかかり、きちんと設計しないと住みづらいお家となってしまう可能性があるため、対応できる住宅会社も限られます。
また、延べ床面積が増える分、固定資産税も高くなる傾向にあります。

空調効率が悪く、音や匂いが広がりやすい

1つの広い空間に高低差のあるフロアをデザインするため、どうしてもエアコンなどの空調効率が下がってしまいます。
季節によって空調が行き届かず、思ったより空調にコストがかかる、活用できない場所ができてしまうといったことが起こりやすくなります。
また、リビングでのテレビの音や話し声、キッチンでの調理時の臭いなどを遮るものが少ないため、工夫をしないと漏れやすくなります。

スキップフロア
出典:ポラテック株式会社

スキップフロアを活用する間取り設計

スキップフロアのあるお家は、お部屋をドアや壁で区切らないため、大きなワンルームのような形になります。
そのため、お家の性能である断熱性や気密性、耐震性、換気システムに十分な計画が必要となります。
デザイン性だけにこだわってリビングからすべて繋がっているフロアしたり、独立性のない配置にしてしまうとデメリットの影響が強く出てしまいます。
それぞれのフロアの目的を考え、状況に合致しているかよく確認しておくと良いでしょう。
また、将来の生活を見据えた計画も必要となります。
スキップフロアを設計時の家族構成やライフスタイルだけを基準にしてしまうと、将来住みにくいお家になってしまうかもしれません。
暮らしのベースとなる部分は極力フラットにしてそこだけで完結できるようにしておくなど、スキップフロアを部分的に活用するといったことも検討しておくと良いでしょう。

スキップフロア

まとめ

今回は、スキップフロアについてご紹介しました。
スキップフロアを設けることで、空間の有効活用やおしゃれさがアップしたり、お家の延べ床面積が増やせたりなどさまざまなメリットを享受できます。
しかし、どこにどのように配置するかといった間取り設計の難しさや空調効率の悪さ、音と臭いの問題など注意しなければならないこともあります。
スキップフロアは自由度やデザイン性が高く、空間を縦にも活用できる間取り設計です。
ご家族とのつながりを重視したい方や狭小地、傾斜地などに建てる方は検討してみてはいかがでしょうか。


大栄建設では、健康をコンセプトに国産木材や自然素材にこだわり、全棟耐震等級3、長期優良住宅、パッシブデザイン、高気密・高断熱・省エネ住宅の設計・施工を手掛けており、『完全自由設計の注文住宅』、規格住宅『TRETTIO』、建て替えよりもコストを抑えた『フルリノベーション』をご用意しております。
構造・完成見学会や住まいづくり勉強会、相談会なども定期的に開催しておりますので、お気軽にご相談ください。

○ホームページ
https://www.daiei-co.com/

○リフォームページ
https://reform.daiei-co.com/

○Instagram
https://www.instagram.com/daiei.kensetsu.kanazawa_bunko/

○Facebook
https://www.facebook.com/daieico/

お気軽にどうぞご相談ください

横浜市で新築注文住宅を建てる大栄建設株式会社

 0120-81-6636 
営業時間 8:30~17:30
定休日 水曜・祝日 夏季休暇、年末年始
横浜市で新築注文住宅を建てる大栄建設はZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は75%
2022年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は67%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は75%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%