マイホームをお考えの方へ!初期費用について解説します!

「住宅を建てたいが、頭金がどのくらいかかるか不安」
「初期費用にはいくらくらいかかるのか」
このような思いを持つ方も多いのではないでしょうか。
そこで今回はマイホームを建てる時の頭金と、初期費用の平均についてご紹介します。

 

頭金の平均額について

頭金の平均額について頭金とは、住宅を建てる費用に充てる手持ちの現金を指します。
自分の貯金はもちろん、親族から贈与を受けたお金も含めます。
よく混同されるのが、手付金です。
これは、契約時に売主に一時的に支払うお金で、契約がキャンセルになればキャンセル料となり、購入となれば頭金となります。

マイホームの頭金の平均額は、首都圏において土地付きの注文住宅で約520万円、マンションで約824万円、建売住宅で約448万円となっています。
また、全国的には土地付きの注文住宅は平均約356万円、マンションが約741万円、建売住宅が約399万円となっています。
この結果より、首都圏より1割程度安いことがわかります。

上記では平均額を示しましたが、一般的には10〜20%程度の頭金を用意するのが理想です。
ただし、大切なのは頭金だけではなく、購入するマイホームの価格が自分の経済力に適しているのかどうかと言うことです。
その指標として頭金の平均金額を参考にすると良いでしょう。

関連記事:マイホームの購入をお考えの方必見!予算の決め方をご紹介します! 

 

マイホーム購入時の初期費用の平均とは?

マイホームの初期費用は、上記で紹介した「頭金」とそれ以外の「諸費用」の2つに分けられます。
原則としてこれらは現金で支払う必要があるので、あらかじめ資金を用意する必要があります。

頭金はマイホームの価格の10〜20%が理想的だと述べましたが、諸費用はいくらが平均なのでしょうか。
結論から申し上げますと、諸費用はマイホームの購入価格の5%〜10%が平均となっています。
諸費用の支払いはその都度現金が必要となるので、余裕を持った資金計画を立てるようにしましょう。
なお、以前は諸費用は住宅ローンで借入れることができませんでしたが、今では金融機関によっては住宅購入時の諸費用もローンに含めることができますので、金融機関に相談してみて下さい。

そして、頭金と諸費用をまとめた初期費用の平均は、マイホームの購入価格の15〜30%程度となります。
例えば、マイホームの購入価格が3,000万円の場合には初期費用は450〜900万円、5,000万円の場合には750万円〜1,500万円程度となります。

関連記事:マイホームを購入する平均的な年齢について解説します! 

マイホーム購入時の初期費用の平均とは?

 

まとめ

今回は、マイホーム購入時の頭金の相場と、初期費用の平均についてご紹介しました。
大栄建設ではご家族の価値観についてヒアリングを行いながら、建築費や住宅ローン、補助金、税制優遇、建物維持費などについて、お客様のライフプランも加味しつつ、将来にわたり心配が少しでも減るような家づくりの資金計画をさせていただきます。
家づくりに関して何か疑問をお持ちの際にはお気軽にお問合せください。

 

>>>お問い合わせはこちら

CONTACT US
 0120-81-6636 
営業時間 8:30~17:30
定休日 水曜・祝日 夏季休暇、年末年始

※オンラインでのご相談も受け付けております

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は75%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は75%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU