頑丈な家にしたい方必見!地震に強い家はどんな形なの?

日本は地震が非常に多い国です。
家を建てるなら、地震に強い家にしたいと思われている方も多いと思います。
家の間取りや大きさなどによっても地震への強さは変わってくると言われていますが、
では地震に強い家にするためにはどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?
今回は地震に強い家の形についてご紹介したいと思います。

 

地震に強い家の形について

地震に強い家の形地震に強い家、言い換えれば耐震性の高い家にするためには、家がどのような形をしているか、どのような工法で建てられているのかという建物自体の耐震性のほか、地盤の強度によっても変わってきます。
ここでは地震に強い家の形で、注目すべきポイントご紹介します。

 

平面形状が四角形

平面形状とは、建物を真上から見た際の形状を指します。
平面形状が正方形や長方形などのシンプルな形の家が、耐震性は高くなる傾向にあります。
上下と側面6つの面が一体となって支え合うため、地震が発生してもエネルギーが壁や地面に流れやすく地震に耐えやすくなります。

 

立面形状が四角形

立面形状とは、建物を横から見た際の形状を指します。
立面形状も平面形状と同じく正方形や長方形などのシンプルな形の家が、耐震性は高くなる傾向にあります。
形状がシンプルであると、地震の揺れが発生しても重心が一方に偏ることが少ないため、バランスが取りやすくなります。

関連記事:地震に強い家の特徴とは?耐震・免震・制振構造の違いもご紹介します

 

地震に弱い家の形について

では逆にどういった形の家が地震に弱いのでしょうか?

地震に弱い家の形は、凹凸が多いなど複雑な形をしている家になります。
形が複雑であると、それだけバランスがとりにくく、地震のエネルギーが一箇所に集中しやすくなり、
ねじれや歪みが生じやすくなってしまうため注意が必要です。
ねじれや歪みが発生する場所が悪いと、建物にひび割れが発生したり、最悪の場合倒壊の危険性もあります。
また耐震補強を適切に行っていない場合、駐車場の上に家を建てている場合も、地震のエネルギーが地面へと流れにくくなるため、
倒壊しやすくなると言われています。

 

家の形をシンプルにできない場合の対策

シンプルな形状の方が地震に強い傾向があると言えますが、デザインや土地の形状などの事情から、
シンプルな形状にできない場合もあります。
では、そのような場合にはどうしたらよいのでしょうか?

 

耐力壁を入れる

耐力壁を入れることで、家全体を補強することが可能です。
耐力壁は、地震や風などの横からの力(水平荷重)に抵抗する力をもつ壁で、筋交いや面材耐力壁などがあります。
増やす際には、事前の耐震診断などの結果に基づき、家全体のバランスを考えて施工していくことが重要になります。

 

壁や柱の量を多くする

形が複雑になった分、壁や柱の量を増やすことで、耐震性が不足している部分の補強を行うことが可能です。
ただ増やした分、柱や壁が目立ちやすくなるケースもあるため、注意が必要です。

 

屋根材を軽いものにする

屋根材を軽量なものにすることで、重心が偏るリスクを軽減させられます。
家が複雑な形状をしている場合は、瓦のような重い屋根材よりも、ガルバリウム鋼板のような軽量な屋根材がおすすめです。

関連記事:長持ちする家を建てるには?押さえておきたいポイントもご紹介!

 

ガルバリウム鋼板の屋根

 

まとめ

今回は地震に強い家の形についてご紹介しました。
耐震性を高めるためには、家の形は非常に重要になります。
大栄建設では、永く健康で安心安全に住める家づくりを大切にしております。
地震に強い家にするにはどうすれば良いのかとお悩みの際は、お気軽にご相談ください。

 

>>>お問い合わせはこちら

CONTACT US
 0120-81-6636 
営業時間 8:30~17:30
定休日 水曜・祝日 夏季休暇、年末年始

※オンラインでのご相談も受け付けております

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2022年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は80%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は70%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%

MENU