新築をお考えの方へ!木造建築の良さをご紹介します!

せっかく家を建てるのであれば、快適に暮らせる家を建てたいですよね。

快適に暮らせる家づくりをご希望の方には、木造建築がおすすめです。

身近すぎてあまり気づいていなかったかもしれない「木造建築」の良さを、ここでは改めてご紹介します。

住宅の構造にはどんな種類がある?

そもそも住宅の構造にはどのような種類があるのでしょうか?

住宅の構造は「木造住宅」「鉄筋コンクリート住宅(RC構造)」「鉄筋鉄骨コンクリート住宅(SRC構造)」の3つに分類されます。

日本の戸建てで最も多いのは木造住宅です。

木造住宅の中でもさまざまな工法があり、それぞれに異なる特徴があります。

日本の伝統的な工法である「木造軸組工法」や、使用される製材のサイズが名前になった「2×4(ツーバイフォー)工法」などがあります。ここでは詳細については触れませんが、家づくりをお考えの方は是非調べてみて下さい。

他には、鉄筋コンクリート住宅(RC構造)と鉄筋鉄骨コンクリート住宅(SRC構造)があります。

こちらは主にマンションで採用されている構造ですが、戸建てで採用されることもあります。

木造住宅と同様さまざまな工法があり、それぞれ異なる特徴を持っています。

木造建築にはどんな良さがある?

では、木造建築にはどんな良さがあるのでしょうか。

ここでは、5つの良さをご紹介します。

1つ目は軽くて強度があることです。

木材はコンクリートや鉄と比較すると、軽量な上に強度もあります。

2つ目は耐火性・防火性に優れていることです。

木材は確かに燃える素材ですが、火にさらされた表面が炭化することによって、そこから内部には燃え進まないという特徴を持っています。 また、1000℃以上になっても炭化速度が遅く必要な強度が保たれるため、構造としての強さを維持することにつながります。 500~800℃で軟化し、急激に強度が落ちてしまう鉄と比べると、耐火性や防火性に優れていると言えます。

3つ目は吸音性を備えていることです。

木材は人間に不快感を与える音を吸収するはたらきがあります。

音楽ホールの内側が木材で覆われていることからも、木材は音を吸収し、ほどよい音響効果を生み出すという特徴があります。

4つ目は調湿機能があることです。

木材には空気中の湿度が高いときは湿気を吸収し、湿度が低いときは水分を放出するはたらきがあります。

5つ目は省エネ効果が高いことです。

木材は断熱性や保温性にも優れているため、冷暖房のエネルギー消費を抑えてくれます。また、製造過程で消費されるエネルギーも他の資材と比較すると少ないという特徴があります。

まとめ

今回は住宅の構造の種類と、木造建築の良さについてご紹介しました。

木造住宅で快適な家を建てたいとお考えの方は、是非大栄建設までご相談ください。

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2022年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は80%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は70%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%

MENU