夏でも快適な家にする方法とは?

「夏でも快適に過ごせるお家を作りたい」
このように思われている方は、きっと「冬も快適に過ごせる家を作りたい」と思っていらっしゃると思います。
夏も冬も快適に過ごせる家=夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる家に必要なものは何でしょうか?

快適な家に必要なものは「断熱性と気密性」

夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる家には「断熱性」と「気密性」が必要です。
断熱とは熱が伝わらないようにすることであり、気密とは気体が出入りできない(=隙間がない)状態を指します。
つまり、

〇夏の暑い空気や冬の冷たい空気が家の中に伝わらない「断熱性」

〇冷暖房で快適な温度に調整された室内の空気を外に出さない「気密性」
を持った家が快適に過ごせる家ということになります。

また、冷暖房で調整された空気が外に逃げないということは、効率よく冷暖房をきかせることができるので、省エネにもつながります。
そして、断熱性と気密性に優れた家=高気密・高断熱の家は、実は健康にも貢献します。
高気密・高断熱の家は、部屋間の温度変化が少なくなるため、急激な「温度変化」によって引き起こされるヒートショックの防止につながります。

快適に過ごすためのポイントをご紹介!

ここまでは快適に過ごせる家に必要なもの=断熱性と気密性についてご紹介しました。
これらの性能を高めることも非常に重要です。
しかし、これら以外にもおすすめの方法があります。
それは、漆喰や珪藻土など調湿機能を持っている自然素材を活用することです。

漆喰や珪藻土には、調湿性能が備わっています。
湿度が高い場合には空気中の水分を吸収します。
逆に、湿度が低い場合には水分を空気中に放出します。
勝手に湿度を調節してくれるので快適に過ごすためには必須の素材と言えるかもしれません。

日本の夏は本当に湿度が高く不快に感じますよね。
そういった場合でも調湿性能を持つ自然素材を取り入れた住宅であれば、調湿作用によって過ごしやすい湿度へと調整してくれます。
夏に快適な生活をしたい方は自然素材を取り入れてみてはどうでしょうか。

まとめ

今回は夏でも快適な家の特徴についてご紹介しました。
断熱性や気密性は夏や冬でも快適に過ごすためには必須の性能ですね。
また、予算に余裕がある方は漆喰や珪藻土といった自然素材を多く取り入れると良いでしょう。
調湿作用によって快適に過ごせるようになります。
断熱性や気密性についてもっと知りたいという方はぜひ大栄建設までご連絡ください。

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2022年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は80%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は70%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%

MENU