一年中快適な家にする方法とは?夏涼しく冬暖かい家づくり

「冬暖かい家は、夏は暑いのではないか」「夏涼しい家は、冬は寒いのではないか」と心配する方がいらっしゃるかもしれません。
しかし現在の住宅では「冬暖かい家は、夏涼しい家」になってきています。
冬暖かい家は今では当たり前になってきており、夏涼しい家にするためにはもう一工夫が必要です。
では、真夏でも快適な家にするために必要なものとは何でしょうか?

夏の青い空

 

夏は涼しく冬は暖かい家づくりのポイントとは?

夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる家づくりには「断熱性」と「気密性」が重要になってきます。
断熱性とは、熱が家の中に伝わらないようにすること指し、「熱さ」だけでなく「冷たさ」にも有効です。
気密性とは、家に気体が出入りできない(=隙間がない)状態を作ることを指し、夏の暑い暖気冬の寒い冷気を家の中に入れないようにするために必要になります。

つまり、

夏の暑い日差しや冬の冷気が家の中に伝わらないようにする「断熱性
冷暖房で快適な温度に調整された室内の空気を外に出さないようにする「気密性

を持った家が快適に過ごせる家ということになります。

外気の影響を受けづらく、家の空気が外に逃げないということは、効率よくエアコンを効かせることができるため、省エネにもつながります。

関連記事:ランニングコストがかからない家にするためのポイントとは?

 

そして、断熱性と気密性に優れた家=高気密・高断熱の家は健康にも貢献します。
日本では多くの人たちが、夏は熱中症、冬はヒートショックにより命を落としています。
外気の影響を受けづらく、部屋間の温度差が少なくなるため、急激な「温度変化」によって引き起こされるヒートショックの防止につながり、エアコンが効いている一つの部屋に閉じこもることなく、活動的に暮らすことができます。

関連記事:ヒートショックの症状と対策

 

断熱構造

 

真夏でも快適に過ごすためのポイント

ここまでは快適に過ごせる家に必要な断熱性と気密性についてご紹介しました。

断熱性と気密性の性能を高めることも快適な家にするためには非常に重要ですが、ここではそれ以外の方法をご紹介します。

漆喰壁調湿性能の高い自然素材を活用する

無垢材や漆喰珪藻土などの自然素材には湿度が高い場合には空気中の水分を吸収し、逆に湿度が低い場合には水分を空気中に放出する調湿性能が備わっています。
日本の夏は気温の高さもさることながら湿度が非常に高く、快適に過ごし辛い要因の一つになっています。
調湿性能を持つ自然素材を取り入れた住宅であれば、調湿作用によって過ごしやすい湿度へと調整してくれるため、夏でも快適な家にすることができます。

関連記事:健康に暮らすために!住宅に漆喰を取り入れるメリット・デメリット 

 

 

遮熱をする

夏の暑い時期に快適な室温に保つためには「遮熱」も非常に重要です。
遮熱とは、文字通り熱を遮ることで、軒(のき)や庇(ひさし)などによって日差しを遮ることを指します。
軒や庇は雨除けとしての機能もあるため、日本の気候に適しているといえます。
最近では、軒や庇を作らないデザインの住宅も多いですが、いくら窓の性能が高くても、遮熱がうまくできていないと家の中が暑くなってしまいます。
そのため、シェードやオーニングを取り入れるなど、上手に遮熱できる環境を作りましょう。

関連記事:夏の暑さ対策

 

パッシブハウスをとりいれる

「パッシブハウス」はパッシブデザインを取り入れた住宅の事で、省エネ性、断熱性、気密性の高い家づくりに加え、通風、日射取得、日射遮蔽で快適さを維持した、自然の恵みを活用するという考え方の家づくりです。
パッシブハウスの考え方をうまく取り入れて、夏は太陽の日差しから影をつくる日射遮蔽、冬は日差しを積極的に取り入れる日射取得など、太陽の光と熱、そして風といった「自然エネルギー」を上手に活用し、省エネで快適な住まいを実現できます。

 

パッシブ設計を考えた住まい

 

まとめ

今回は真夏でも快適な家にする方法についてご紹介しました。
断熱性や気密性は、夏でも冬でも快適に過ごすためには必要な性能です。
また、漆喰や珪藻土といった自然素材を多く取り入れることで、調湿作用によって湿度をコントロールし、また遮熱をすることによって快適に過ごせるようになります。
暑い夏を快適に過ごすために、家づくりや暮らし方を工夫して乗り切りましょう。

 

>>>高気密・高断熱記事一覧へ

CONTACT US
CONTACT US
 0120-81-6636 
営業時間 8:30~17:30
定休日 水曜・祝日 夏季休暇、年末年始

※オンラインでのご相談も受け付けております

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は75%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は75%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU