リビングとダイニングを分ける?メリットとデメリットを解説します

家を新築する際に、くつろぐスペースであるリビングと食事をとるダイニングは分けた方が良いか悩まれる方も多いのではないでしょうか。
今回は、リビングとダイニングを一緒にするメリットとデメリット、リビングとダイニングを分けた方が良い家族、分けない方が良い家族について解説します。

リビングダイニングキッチン

 

リビングとダイニングを一緒にするメリット・デメリット

リビングとダイニングを一緒にすると、さまざまなメリットが生まれます。
では、メリットにはどんなものがあるのでしょうか?

メリット

部屋を広く使える

リビングとダイニングを一緒にすると、間に仕切りがないため部屋を広々と使用することができ、開放感を得ることができます。
空間を共有するため、それぞれの部屋を少しコンパクトにまとめることで、他の部屋を広くすることもできるようになります。
またダイニングテーブルとソファが一体となった家具などを使用することで、家具の数自体を減らし広く使えるようにすることができます。

 

子どもから目を離さずに済む

リビングとダイニングが一緒であればオープンキッチンにすることも多いため、料理をしながら会話をしたり子どもの様子を確認したりすることができます。
特に小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、お子さんから目を離すことができないため、お子さんの動きが把握しやすいことはメリットになります。

 

デメリット

リビングとダイニングを一緒にするメリットは色々ありますが、一方でデメリットも存在します。
ここからはデメリットについて紹介していきます。

においや音が広がる

リビングとダイニングが一緒である最大のデメリットは、料理のにおいが広がってしまうことです。
リビングでくつろいでいる間でも料理のにおいや煙が充満し、リビング階段を設置していると上階まで行ってしまいます。
コンロをリビングと反対の壁側に配置し、常に換気扇を回すなどである程度は防ぐことができますので、きちんと対策をしましょう。

また、料理中の音や、食事後の食器を洗う音などもリビングまで聞こえてしまい、気になりやすいというデメリットもあります。

 

生活感が出やすい

リビングとダイニングをつなげると、壁面が減るため収納スペースが不足する可能性があり、ものが散らかりやすくなります。
来客が多いご家庭では、リビングとダイニングが一緒の部屋だとリビングからキッチンが丸見えになってしまいます。 たとえリビングをキレイにしていたとしても、キッチンが散らかっていると生活感が出てしまい、悪い印象を与えかねないため、定期的に掃除をする必要があります。

関連記事:リビングが広すぎると後悔することも?適切な広さの目安について

リビングダイニングキッチン

 

リビングとダイニングを分けた方が良い、分けない方が良い家族の特徴

リビングとダイニングを分けた方が良い家族

リビングとダイニングを分けた方が良い家族は、家の広さを十分に確保できる家族です。
広さを十分に確保できれば、リビングとダイニングを一緒にすることのメリットを受けづらくなり、逆に分けないことにより、食事に集中しやすくなったり、家族の会話をする場にしやすかったりといったメリットがあります。
くつろぐ場所と食事をする場所は分けたいと考えるご家庭も分けた方が良いでしょう。

ダイニングキッチン

 

リビングとダイニングを分けない方が良い家族

リビングとダイニングを分けない方が良い家族は、普段からリビングで過ごす時間が長い家族です。
日頃から会話の多いご家庭で部屋を分けるとそれぞれの部屋の距離が遠くなり、会話が減ってしまう可能性があります。
特に小さなお子さんのいらっしゃるご家庭では目が届きにくくなってしまうため、分けない方が良いでしょう。
あまり部屋を広く取れないご家庭は、リビングとダイニングを一緒にすることによるメリットを受けやすくなります。

関連記事:リビングとダイニングの違いは?それぞれのライフスタイルに向いている間取り

 

まとめ

リビングとダイニングを分けるかどうかをご紹介してきましたが、完全に仕切らずにカーテンやロールスクリーン、パーテーションで部屋を分けたり、段差を設けて部屋を区切ったりといったことも可能です。
重視するものによって正解は変わりますので、ご家族にとって最適な間取りはどのようなものか、それぞれのメリット・デメリットを考えて頂ければと思います。

CONTACT US
 0120-81-6636 
営業時間 8:30~17:30
定休日 水曜・祝日 夏季休暇、年末年始

※オンラインでのご相談も受け付けております

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は75%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は75%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU