家づくりをされる方に向けて子ども部屋に必要なものをご説明します!

子育てをされている方やこれから子育てをされる方にとって、子ども部屋をどういった部屋にするのかイメージしておくことは大切です。
子ども部屋にはどのようなものが必要なのか、どのような部屋にすればいいのかとお悩みの方は大勢いらっしゃいます。
そのような方に向けて今回は、子ども部屋に必要なものをご説明します。

 

子ども部屋の広さについて

間仕切りができる部屋一般的に、子ども部屋は大体小学生ごろから必要になってくると言われています。
個室を与えることは、子どもにとって自分だけの居場所を作ることになり、自立心が芽生えやすくなるという効果があります。
小学生になってからは、徐々に持ち物を自分で管理したり、一人で勉強をしたりといったことが増えてきますので、タイミングとしては適していると言えます。

では、どの程度の広さの個室を用意すればよいのでしょうか。

兄弟姉妹がいる場合は、ケンカにならないようになるべく同じぐらいの広さの部屋の方が良いでしょう。
そのため、5畳程度の広さの部屋をそれぞれ個別に作ることをおすすめします。

しかし、子どもたちの年齢が近い場合は、一緒の部屋で遊ばせてあげたいと考えられる方もいらっしゃいます。
そのような場合は、10畳以上の広いお部屋を作ると良いでしょう。

将来的に個室を欲しがった場合であっても、間仕切りができるように作っておけば問題ありません。
この場合は、ドアの位置や窓の位置、クローゼットの大きさはよく考えておく必要がありますね。

 

使い勝手の良い子ども部屋にするためのポイント

使い勝手の良い子ども部屋ここからは子ども部屋を作るうえで必要なポイントについてご説明します。

1つ目のポイントは目的を決めることです。
一般的に子ども部屋は、勉強する、遊ぶ、寝るときなどに使う場所です。
勉強や遊びはリビングで行い、子ども部屋は寝る場所とするなど、子ども部屋の目的は各家庭によって異なります。
子ども部屋をどういう目的で使用するのか、その目的に合わせて必要なものを考えていきましょう。
必要なものが決まれば、子ども部屋にどれくらいのスペースが必要かわかってきます。

2つ目のポイントは必要なものの配置を決めることです。
子ども部屋の家具の配置を考える時、まずはベッドや学習机など大きなものの配置から決めましょう。

次にエアコンです。
エアコンの風に直接当たることはあまり望ましくありません。
そのため、ベッドや学習机に直接風が当たらないようなところに配置した方が良いでしょう。

 

まとめ

今回は、子ども部屋に必要なものについてご説明しました。
子ども部屋は、子どもの自立心を育むための重要な空間です。
家族としてコミュニケーションは取りつつ、プライベートな時間も大切にしてあげるために、どのような子ども部屋にするかを考えましょう。
これから家づくりをされる方の、子どもの成長に合わせた部屋づくりの参考にして頂ければと思います。

CONTACT US
 0120-81-6636 
営業時間 8:30~17:30
定休日 水曜・祝日 夏季休暇、年末年始

※オンラインでのご相談も受け付けております

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は75%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は75%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU