マイホームは必要かどうかお悩みの方へ!必要性をご説明します!

マイホームを購入した方が良いのか、それとも賃貸住宅に住み続ける方が良いのかについて、考えたことがある方は多いのではないでしょうか。
ライフスタイルによって考え方が異なりますので、どちらにもメリット・デメリットがあると思います。
今回はマイホームは必要かお悩みの方に向けて、マイホームと賃貸住宅、それぞれのメリットと選び方についてご紹介します。

 

マイホームと賃貸それぞれのメリット

マイホームのメリット

マイホームの最も大きなメリットは自分の家を持てることです。
これは賃貸住宅にはない満足感で、自身の社会的信用を高めることにもつながります。

また、ローンが支払い終われば正真正銘自分の家となり、固定資産税やマンションの場合は管理費や修繕積立金を支払う必要はありますが、月々の負担は楽になります。
さらに、戸建て住宅の場合は自由にリフォームやリノベーションをすることも可能で、長く住み続けることで賃貸と比べてコストが安くなり、土地が資産価値を持つことも大きなメリットとなります。

賃貸のメリット

賃貸の場合は引っ越しが気軽にできるのがメリットです。
賃貸であれば、急な転勤やライフスタイルの変化など、事情に応じて引っ越すことができます。
また、住宅ローンや固定資産税、修繕費などの費用負担が少ないこともメリットとなります。

住宅外観

 

マイホームと賃貸の選び方のポイント

ここからはマイホームと賃貸の選び方のポイントをご紹介します。

地盤が弱い住宅災害を考えたときのポイント

マイホームの場合、災害対策がしっかりしている家を選んだり、家を建てる際に自分で工夫したりすることが出来ます。
ただし、被災時にはある程度の自己負担が発生することが多くなります。
賃貸の場合、自分で対策することは難しく、また古い建物だと対策があまりされていない場合などもあります。
修繕などは貸主の負担になり、状況によっては引っ越しやすいなどのメリットがあります。

子育てについてのポイント

子どもの年齢によって住み替えのタイミングを考える必要があります。
子どもが誕生して家族が増えれば、広い家への引越しを考える方も多いでしょう。

賃貸であれば通勤先や通学先の都合に合わせて気軽に引っ越せますが、転校などで子どもの生活環境が変わるのを避けるために、小学校入学までのタイミングでマイホームを購入したいという方は多くいらっしゃいます。
マイホームであれば子供の成長に合わせた間取り変更は容易にできます。

 

まとめ

今回はマイホームは必要かお悩みの方に向けて、マイホームと賃貸、それぞれのメリットと選び方についてご紹介しました。
マイホームは暮らしやすい家を実現しやすいというメリットがありますので、理想のライフプランを想定し、どのような暮らし方をしたいのかを考えておくことが大切です。
お悩みの方は、大栄建設にお気軽にご相談ください。

CONTACT US
 0120-81-6636 
営業時間 8:30~17:30
定休日 水曜・祝日 夏季休暇、年末年始

※オンラインでのご相談も受け付けております

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は75%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は75%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU