自然素材の家で健康を考えた理想的な暮らしを

新築住宅を建てようと考え始めたとき、ご家族が永く健康でいられる家を造りたいと考える方は多いと思います。
また、結婚や出産などご家族が増えたことがきっかけで「自然素材の家を建てたい」「自然素材の家に興味がある」と思われた方も多くいらっしゃると思います。
自然素材の家は『健康にも環境にも良い』というポジティブなイメージがある反面、『お手入れが大変そう』といったネガティブなイメージもあります。
そこで今回はイメージが先行しがちな自然素材の家について解説していきたいと思います。

自然素材の家

 

自然素材の家とは?

『自然素材の家』に明確な定義はありませんが、一般的には無垢材や漆喰などの自然由来の材料を使用して建てられた家を指します。
自然由来の材料は化学物質を使用していない素材を指すことが多く、前述した無垢材や漆喰のほか、構造材に使用されるスギや内装材に使用されるコルク材、壁面に塗る珪藻土なども含まれます。

『自然素材の家』が注目される一つの理由は、建材に使用された化学物質が原因と見られるシックハウス症候群や化学過敏症候群の発症の可能性の軽減が挙げられます。
一般的な住宅にはコストを下げるために化学物質を使用した建材や合成素材が使用されることがあります。
アレルギーやぜんそく持ちの方の場合、建材に使用されている化学物質が原因で、シックハウス症候群や化学過敏症候群を発症する可能性が高くなります。
しかし、自然素材を使用した住宅であれば、そういった化学物質は使用されていないため、病気を発症するリスクは格段に低くなります。
近年では、シックハウス対策のため、一部化学物質の使用制限や換気設備設置の義務付けなどが国土交通省によって行われています。

自然素材の家とは?

 

自然素材の家のメリット・デメリット

自然素材の家には見た目の美しさや自然素材が持つ機能、健康的な暮らしができることなど、さまざまなメリットがあります。
ここでは自然素材の家のメリットについて解説していきます。

自然素材の家のメリット

健康面

一般的な住宅の建材や塗料、壁紙、フローリング、家具などに使用される接着剤やコーティング剤は、ホルムアルデヒドなどを発生させる原因となります。
ホルムアルデヒドは、環境基準は設定されていませんが、目、鼻、気管を強く刺激する「有害大気汚染物質」に該当する可能性のある物質の一つに選定されており、またそれらの中でも健康リスクがある程度高いと考えられる「優先取組物質」の一つに指定されています。
また、厚生労働省ではホルムアルデヒドの室内濃度の指針を定めています。

接着剤やコーティング剤を使わない自然素材は化学物質の含有量が少なく、ホルムアルデヒドなどの発生が少ないためシックハウス症候群などの健康被害のリスクを抑えることができます。
自然素材の家は小さなお子さまやペットなど、ご家族の健康への影響が心配な方も安心して暮らすことができます。

 

過ごしやすい室内環境

無垢材や漆喰などの自然素材は、室内の湿度を一定に保とうとする調湿作用を持っているため、結露やカビの発生を抑えるなど過ごしやすい室内環境を整える効果が期待できます。
雨が降っている湿度の高い日には湿気を吸い込み、晴れた湿度の低い日に吐き出すことで、ジメジメや乾燥の少ない気持ちの良い空気を作り出してくれます。
さらに天然の木材には、香りによるリラックス効果や脱臭・消臭効果もあるため、快適さをアップしてくれます。
弊社で使用している「うづくりの床」は、保温性に優れているため体感温度が人肌に近く、そのため一年中素足での生活が楽しめます。
湿気を吸収する性質もあるためベタベタする感触もなく、一年中気持ち良く過ごすことができます。

関連記事:音響熟成木材 うづくりの床

 

耐久性が高い

自然素材の建材には、耐久性が高く適切なお手入れをすることで、長く使うことができるものがたくさんあります。
日本に現在でも残っている古い建物は、総じて自然素材を使って建てられており、定期的なお手入れや掃除が行き届いていることから、現在でもその姿を見ることが出来ます。

一般的な住宅で使用される合板フローリングは、経年劣化によって接着部分の剝がれ、浮き、色あせなどが起こります。
一方、自然素材の無垢のフローリングは年数を重ねるほど強度が増し、剥がれが起こることも少なく、万が一表面に傷がついたとしてもヤスリ掛けなどで簡単にきれいになるので、補修しながら長く使用することができます。

壁紙に使用されるビニールクロスは、10年ほど経つと黄ばんだり剝がれてきたりします。
この場合、部分的な補修は難しく、通常は壁面全体の張替えが必要となります。
自然素材の漆喰は耐久年数が100年を超えると言われており、剥がれなどの心配をする必要はほとんどありません。
また、剥がれなどが生じた場合でも部分的な補修が可能であるため、大規模な塗り替えなどに至ることは少ないでしょう。
さらに、漆喰は防火性に優れているという特徴もあるため、住宅の安全性を高めることにもつながります。

自然素材の家

 

自然素材の家のデメリット

自然素材の家には多くのメリットがありますが、現状広く普及しているとは言えません。
その理由の一つに自然素材の家の良さ自体があまり知られていないことが挙げられます。

どんなに良いものでも知る機会がなければ選択肢にはなりません。
この他にも普及の足かせになっている点があります。

コストがかかる

自然素材の家は、建築時のコストであるイニシャルコストが比較的高くなる傾向にあります。
材料自体が高いこと、また施工に技術が必要なため、どうしても材料費・施工費が高くなってしまいます。
しかし、自然素材は長く美しい状態で使い続けられるものが多いため、長期的に見るとメンテナンスの費用などのランニングコストが抑えられることが多く、一般的な建材で建てた家が将来、壁紙やフローリングの張替え等の大規模な修繕をしなければならないことを考えると、トータルでのコストは安くなる場合が多いでしょう。
自然素材の導入を検討される場合には、コストについては長期的な視点から考えていただければと思います。

 

メンテナンスが難しい?

自然素材はキズが付きやすく、扱いが難しかったりお手入れが大変だったりというイメージを持たれることが多いですが、実際には無垢材などの自然素材の方が、キズやへこみ、汚れなど部分的なものについては簡単に補修することができます。
漆喰や珪藻土などの壁材は、基本的なメンテナンスをすることなく長く使用することができます。
自然素材はお手入れをするごとに深みが増していくので、経年変化による美しさや風合いの変化を楽しむことができます。

自然素材の家

 

まとめ

ご家族の健康を気遣うのであれば、室内環境を整えてくれる自然素材での家づくりがピッタリです。
子どもの成長に合わせて住んでいる家の変化も楽しめる、そんな家づくりをしてみてはいかがでしょうか?

大栄建設では、健康を考えて自然素材にこだわった「空気がおいしい家」をコンセプトに設計施工を行っています。
定期的に点検することで、世代を超えて永く安心して住み継げる家になります。
新築住宅を建てようとお考えの方は見学会も開催しておりますので、実際の自然素材の木の香りや温もりを体感しに来てみて下さい。

CONTACT US
CONTACT US
 0120-81-6636 
営業時間 8:30~17:30
定休日 水曜・祝日 夏季休暇、年末年始

※オンラインでのご相談も受け付けております

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は75%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は75%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU