親子二世帯 バリアフリー住宅

家を建てようと思ったきっかけは何ですか?

年齢的に住宅ローンを組めるギリギリではないかと考えた。
今までの家は段差だらけで、夏暑く冬寒く、とてもじゃないが一生は暮らせない。

家づくりにあたって何から始めましたか?

年齢の近い同僚に、実際どの程度借入て、月々いくら位返済しているのかを聞いてみた。

なぜ、大栄建設に決めたのですか?

知人からの紹介でもあり、家を建てるならSWでと決めていた中で、実績もあり信頼できると感じたから。

理想の家を建てるにあたり、どのように間取りを決めていきましたか?

事前の要望として、広いリビング、広いベランダ、家具を置かなくてよい収納スペース。
そして、両親のスペースはバリアフリー。
提案されたプランを基に細部を決定したが大きくは変えていない。
要はほぼプラン通りだったと思う。

これから家を建てる方へのアドバイスをお願いします。

多少は無理してでもSWを選ぶ事をおすすめします。
打ち合わせる事がたくさん有るので、自分はどうしたいのかを良く考えまとめておくと良いと思う。まず、住んで快適である事が大前提。外観ももちろん軽視はしないが内装の方が重要だと思う。材質、色、照明など毎日、目にする部分は妥協しないほうが良い。

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2022年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は80%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は70%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%

MENU