ZEH(ゼッチ)住宅とは?メリットや基準、今後の課題について

近年の注文住宅では、デザインや間取りといったものだけでなく、環境への配慮や省エネ性、住宅としての性能も重視されるようになってきました。
そんな中で、新たに環境に配慮した省エネ住宅として「ZEH(ゼッチ)」が注目されています。
ZEH住宅は、これからの生活やエネルギー資源ついて考えられており、2018年度より国が後押しし始め補助金も出されています。
今回は、ZEH住宅とはどういったものなのかをご紹介します。

 

ZEH(ゼッチ)住宅とは?

ZEH住宅とは、net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略称で、年間のエネルギー消費量の収支がゼロ以下となることを目指した住宅のことです。
経済産業省によると「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギー等を導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」(ZEHの定義より)となります。

ZEH住宅とは

 

ZEH住宅に必要な3つのポイント

ZEH住宅は、消費エネルギーをできるだけ減らすことに加え、自宅の消費に必要な量、またはそれ以上のエネルギー量を創出できる家であることが求められます。
つまり、冷暖房などの消費エネルギーを抑える「断熱」、換気、給湯器、照明などを高効率な設備にすることよって消費エネルギーを少なくする「省エネ」、太陽光発電などによってエネルギーを創る「創エネ」の3つが揃うことによってZEHが実現できます。

 

 

ZEHとは

 

ZEH住宅はこれからのトレンド

ZEH住宅が注目される背景には、住宅でのエネルギー消費量の大きさという問題があります。
エネルギー消費といえば企業や工場などが注目されがちですが、実は日本国内の全エネルギー消費量の14.1%(2019年度エネルギー需給実績-経済産業省より)を住宅が占めています。
住宅での省エネをより進めることが、カーボンニュートラルの達成のためには必要不可欠となります。

 

 

ZEH(ゼッチ)住宅のメリット

では、各ご家庭でZEH住宅にするメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

ランニングコストを抑えられる

住宅をZEH化させることで、光熱費削減が期待できます。
ZEH住宅は、現在の省エネ基準より高い水準の性能を求められるため、必然的に省エネな住宅となります。
加えて、創エネによって使用量を少なくできるほか、売電収入も得られるため、結果としてランニングコストを抑えることができます。

 

災害対策

近年、地震や豪雨、台風などさまざまな災害が発生しており、多くの地域で大規模な停電などの被害を受けています。
このような災害時に自宅で電気を創ることができるため、備えとして有効です。
実際に2018年北海道大停電時に、太陽光発電システムを設置していた方の約9割が電気を使えたとの結果が出ております。

 

住み心地や快適性の向上

ZEH住宅は、「断熱」・「省エネ」・「創エネ」と複合的なエネルギー活用を実現した住宅で、高い水準の性能を求められます。
その結果、暑さ寒さなどの不快さ、部屋間の温度差によるヒートショックなどの健康被害、結露の予防など生活するうえでの住み心地や快適性が高くなります。

ZEH住宅と一般住宅のイニシャルコスト

 

ZEH化の仕様と基準

ZEHに適合させる基準には次の4つがあります。

1)強化外皮基準

それぞれの地域ごとに外皮性能(断熱性能UA値)基準を設定していますが、全ての地域において省エネ基準より高い水準の性能を要求されます。
また、UA値だけでなく、平均日射取得率(ηAC値)、気密、防露性能にも留意することが明記されています。

ZEH強化外皮基準

2)再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量を20%以上削減

再生可能エネルギーを除き、住宅設備の高効率化と断熱性能を合わせて基準一次エネルギー消費量を20%以上削減することが要求されます。

 

3)再生可能エネルギーの導入
4)1~3により基準一次エネルギー消費量から100%以上削減

太陽光発電などで再生可能エネルギーを創出することにより、年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロまたはマイナスとなることが要求されます。

 

その他に、
1~3に加えて、基準一次エネルギー消費量から75%~100%未満の一次エネルギー消費量削減のNearly ZEH(ニアリー・ゼッチ)
1~3に加えて、基準一次エネルギー消費量から50%~75%未満の一次エネルギー消費量削減のZEH Ready(ゼッチ・レディ)
1,2のみ適合で再生可能エネルギーによる創エネを用いないZEH Oriented(ゼッチ・オリエンテッド)などもあります。

 

さらに、近年ではZEHの基準をより強化したZEH+(ゼッチ・プラス)という基準もあります。
1)再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量を25%以上削減
2)再生可能エネルギー促進に係る措置3要素のうち2要素以上を満たす
・外皮性能のさらなる強化
・高度エネルギーマネジメント(HEMSによる住宅設備の制御)
・電気自動車活用のための充電設備設置

ZEH+強化外皮基準

ZEH住宅の課題

ZEH住宅の実現には、省エネ、創エネ、自然エネルギーの利用、優れた断熱性・気密性を実現する高い施工技術、パッシブハウスなどの設計、立地など高いハードルをクリアしなければなりません。

そのため、

・施工できる住宅会社の少なさ
・初期投資費用の高さ
・投資を回収できるか不安

などの理由から、現状ZEH住宅はあまり普及してるとは言えない状況になっています。

新築住宅の断熱性能

ZEH住宅の課題として、施工できる住宅会社の少なさに関しては、住宅会社側がレベルアップしなければなりません。
では、初期投資費用の高さや投資を回収できるかなどの課題である、太陽光発電の初期導入費用の高さはどれくらいでしょうか?

調達価格等算定委員会によると2021年の1kW当たりの太陽光発電の設置費用の平均値は288,000円。
家庭用の太陽光発電で主流なのは3~5kWのため、28.8×5=144万円ほどで設置できる計算になります。
総務省統計局の家計調査によると、2021年の4人家族の電気代平均額は1カ月あたり11,376円、年間で136,512円となります。
そのため144万÷13.6万=10.5年使用できれば、回収できるという計算になります。

実際には、設置費用は業者によって変わり、発電量や電気代は各家庭によって変わってくるため、一概には言えません。
しかし、年々設置費用は下がり電気代は上がっているため、その他のメリットを鑑みてもZEH住宅にすることのメリットは大きくなってきていると思います。
現在の太陽光パネルは、メンテナンスや機器の交換は必要ですが、30年以上使えるものが多く、長く使えれば使えるほど費用対効果は高くなります。
現在のZEH住宅の課題は、近いうちに解消されていくのではないでしょうか。

 

まとめ

ZEH住宅は、初期費用の増加やメンテナンス費用などによりコストは高くなると思われがちですが、月々の光熱費削減や補助金などにより、長く使うほどむしろ安く抑えられます。
電気代も年々あがってきており、自家発電自家消費できるメリットは高くなっています。
また、健康面や快適さなど目には見えづらい部分で、生活の質の向上が図れます。
費用面だけに目が向きがちですが、あらゆる面からZEH住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

大栄建設は、地元密着の工務店としてZEHの普及に努めています。
地球と家計に優しいZEH住宅にご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

ZEHをお得に建てるなら建て得

CONTACT US
 0120-81-6636 
営業時間 8:30~17:30
定休日 水曜・祝日 夏季休暇、年末年始

※オンラインでのご相談も受け付けております

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は75%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は75%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU