暖かい家にするには?寒くない家を作るためのポイントをご説明します!

「暖かい家にするためにはどうしたら良いのだろうか」
このような疑問をお持ちの方は少なくありません。
冬に家が冷え切ってしまっては快適な家とは言えませんよね。
そこで今回は、寒さの厳しい冬でも暖かい家を実現するためのポイントをご説明します。

 

暖かい家にするメリット

暖かい家を実現するためのポイントをご説明する前に、暖かい家にはどんなメリットがあるのかについてご紹介します。

高断熱高気密1つ目は光熱費が抑えられるということです。
冬でも暖かい家ということは、外の気温に影響されにくい家と言い換えることができます。
外の気温に影響されにくいため、1、2台のエアコンで家全体を暖めることができ、また設定温度を上げなくても暖まりやすいので、光熱費を安く抑えることができます。

2つ目は結露を抑制できることです。
結露の問題は見落としがちですが、実際に暮らし始めると大きな問題になってきます。
結露は天井や床、壁などにカビを発生させる原因となる恐れがあります。
加えて、柱や基礎部分の腐食の原因ともなります。

この結露を防ぐためには、家の中での温度差をなるべく少なくする必要があります。
冬でも暖かい高気密・高断熱の家であれば、結露の発生を抑制できる可能性が高くなります。

 

暖かい家を実現するためのポイント

住宅への熱の出入り暖かい家にするメリットをご紹介しました。
ここからは、実際に家を建てていく上で押さえておきたいポイントをご紹介します。

1つ目のポイントは、性能の高い窓やサッシを採用することです。
冬場の住宅の熱の出入りは、窓が58%と最も高いため、窓の断熱性が低いと暖かい空気が逃げてしまいます。
複層ガラスやアルミ樹脂複合サッシなど性能の高いものを採用し、窓やサッシの断熱性を向上させましょう。

2つ目のポイントは、間取りです。
近年、吹き抜けやスキップフロアなど、開放的な間取りが流行しています。
これらはおしゃれで開放的な間取りですが、寒さ対策はよく考えておく必要があります。
暖かい家にするためには、床暖房を導入したり、吹き抜けから陽の光が取り込めるような窓を設置したりしておくことが重要になってきます。

 

まとめ

今回は、寒さの厳しい冬でも、暖かい家を実現するためのポイントをご説明しました。
暖かい家づくりは、快適に過ごすために必要な住宅性能です。
大栄建設では、日本最高水準の高気密・高断熱・高耐震住宅をご提案しております。
理想的な暮らししたいとお考えの方は、ぜひお問い合わせください。

CONTACT US
 0120-81-6636 
営業時間 8:30~17:30
定休日 水曜・祝日 夏季休暇、年末年始

※オンラインでのご相談も受け付けております

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2022年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は80%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は70%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%

MENU