壁材としての漆喰にはどのような効果がある?

家づくりで使用される住宅用建材には、化学物質が含まれている可能性があることをご存知でしょうか?
薬品由来の目に見えない化学物質は、少しずつご家族の身体に蓄積されていき、アレルギーやアトピー、シックハウス症候群などを引き起こす原因となります。

そのため、ご家族の健康を考えて自然素材を使用した住宅の人気が高まっています。
化学物質の含まれていない安全性の高い自然素材は、小さなお子様がいるご家庭でも安心安全で、大人にとっても快適で心地よい空間を作り出します。

家づくりで使用される自然素材には、無垢材、漆喰、珪藻土、天然石などさまざまなものがありますが、今回は「漆喰」という素材をご紹介します。

 

漆喰はどんな素材?

「漆喰という素材があることは知っているけれど、どんな素材かは詳しく知らない」

という方も多いと思います。

漆喰の主原料は石灰です。

石灰のもとはサンゴであり、そのため漆喰は自然素材に分類されます。

漆喰は 他の成分を加えることなく壁にくっつき、一般的に仕上がりがつるりとしているため、洋風・和風どちらの雰囲気のお部屋にも合うオリジナルなデザインに仕上げられる魅力があります。

加えて、抗菌作用や消臭効果も併せ持ち、室内のニオイが気になる方やアレルギー体質の方にもおすすめできる自然素材です。

漆喰と似た素材に珪藻土というものがあります。

珪藻土の主原料は藻の一種である珪藻の遺骸で、海底で珪藻の遺骸が堆積して作られた土が珪藻土です。

ざらざらとした質感で、和風のお部屋によく合うと言われています。

調湿効果は珪藻土の方が優れていますが、そのままでは壁にくっつかないためつなぎが必要という点で漆喰と異なります。

 

漆喰のメリットとは?

そんな自然素材の漆喰にはどのようなメリットがあるのでしょうか。漆喰

ここでは、主に3つのメリットをご紹介します。

 

1つ目はメンテナンスがしやすいことです。

漆喰は長い時間が経過しても見た目がほとんど変わらず、しっかりとメンテナンスを行えば良い状態を長くキープできます。

静電気をためこまない性質を持っているため、ほこりやゴミが付着しにくいといった特徴があり、壁材に一般的に使用されているビニールクロスと比較すると、経年劣化により汚れたり、めくれてきたりといったことが少ないことも、メンテナンスのしやすさの一因となっています。

 

2つ目は優れた調湿効果を持っていることです。

漆喰の壁は、湿度が高い状態では水分を吸収し、湿度が低い状態では水分を放出するといった調湿性能を有しており、呼吸する壁などと言われたりもします。

漆喰には細かな穴がたくさん開いており、この多孔質な表面で湿度をコントロールします。

梅雨時のようなジメジメした時期でも湿気をコントロールしてカビやダニの発生を抑制する効果が期待でき、冬場でも乾燥しにくいため、年間を通じて快適な湿度に調節してくれます。

 

3つ目は耐火性に優れていることです。

漆喰は建築基準法で不燃材料に認定されるほど耐火性に優れており、万が一部屋の中で出火しても、全体に燃え広がるのをある程度防いでくれます。

ビニールクロスは化学物質で作られているため耐火性が低く、火災が発生してしまった場合有毒ガスが発生する可能性がありますが、漆喰は自然素材であるため、燃えることで有毒なガスなどが発生する心配はほとんどありません。

漆喰を使用することは防火対策の1つにもなります。

関連記事:健康に暮らすために!住宅に漆喰(しっくい)を取り入れるメリット・デメリット

 

まとめ

今回は、漆喰の特徴とメリットについてご紹介しました。

漆喰は調湿性と耐火性をはじめ、自然素材ならではの機能と経年劣化が少なくメンテナンスしやすいところにメリットがあります。

漆喰をはじめ、お家に自然素材を使用してみたいとご検討の方は、是非大栄建設までご相談ください。

 

>>>お問い合わせはこちら

CONTACT US
 0120-81-6636 
営業時間 8:30~17:30
定休日 水曜・祝日 夏季休暇、年末年始

※オンラインでのご相談も受け付けております

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は75%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は75%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU