一年中快適な家づくりのポイントをご紹介します!

せっかく家を建てるのであれば、一年中快適な家を建てたいですよね。

一年中快適な家の条件として、夏は涼しく、冬は暖かく、季節を問わず快適な温度で過ごすことができる家が挙げられるでしょう。

そこで今回は、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる家づくりのポイントと、高気密・高断熱の家のメリットについてご紹介します。

夏は涼しく冬は暖かい家づくりのポイントとは?

夏は涼しく冬は暖かい家を実現させるためには、断熱性と気密性を高めることが欠かせません。

断熱とは、文字通り「熱を断つ」ことを意味します。

断熱性を高めることで熱が伝わりづらくなるため、冬は冷たく、夏は暑い外気の影響を受けにくくなります。

また、断熱と聞くと「冬でも暖かく過ごせる」とイメージする方が多いかもしれませんが、断熱は「夏涼しく過ごす」ことにもとても重要です。

断熱性を高めることによって、エアコンで冷やされた空気を冷たいまま保てるため、夏も涼しく過ごすことができるようになります。

断熱性と同様に重要なのが気密性です。

気密性が低い住宅は、隙間が多い住宅ということになります。

隙間が多いと、冷暖房器具で快適な温度にされた室内に、夏の暑い外気や、冬の冷えた外気が入り込んでしまいます。

しっかりと断熱性が確保されていても、気密性が低ければ効果はあまり得られないのです。

高気密・高断熱の家のメリットとは?

では、高気密・高断熱の家には具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

1つ目は、光熱費を削減できることです。

高い断熱性と気密性を確保できていれば、冷暖房によって快適な温度にコントロールされた室内の空気が外へ逃げにくく、また外気の影響も受けにくくなります。

冷暖房効率を上げることが出来るため、電力消費が抑えられ、光熱費の削減につながります。

2つ目は、ヒートショックのリスクを軽減できることです。

急激な温度変化によって引き起こされるヒートショックですが、高気密・高断熱の家は部屋間の温度差が小さくなるため、ヒートショックのリスクを軽減することができます。

3つ目は、掃除の手間を減らせることです。

室内の壁表面温度が均一だと、空気の対流による静電気が発生しなくなります。

その結果、壁にホコリが付着しにくくなり、掃除の手間を減らすことができます。

 

まとめ

今回は、一年中快適な家を実現させるポイントや高気密・高断熱のメリットについてご紹介しました。

高気密・高断熱の住宅をお考えの方はお気軽に大栄建設までご相談ください。

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2022年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は80%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は70%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%

MENU