地震に強い家の特徴とは?

日本は世界的に見ても地震が非常に多い国です。
また、首都直下型地震が今後30年の間に発生する確率が70%と予測されていることもあり、家を建てる際に地震に強い家を建てたいという方は多くいらっしゃいます。
では、地震に強い家とはどのような家でしょうか。
今回は、地震に強い家の特徴、地震に強い家を建てるためのポイントをご紹介します。

地震に強い家にするための構造とは?

地震に強い家にするためには耐震性を高める必要があります。
では、耐震性を高めるためにはどうしたらよいでしょうか?
ここでは耐震性を高めるための構造についてご紹介します。

1つ目は耐震構造です。
これは柱や壁に地震に強い素材を使用したり、筋交いを使用したりして、住宅の構造を強化することで耐震性を高めます。
ただし、この構造の住宅は大きな地震が来ても倒壊しないことを優先して作られているため、地震が来た時に揺れが小さくなるわけではありません。

2つ目は免震構造です。
これは積層ゴムやダンパーなどの免震装置を建物と基礎の間に設置することで、建物を基礎から離し、地震の揺れが直接建物に伝わることを防ぐ構造です。
コストはかかりますが、地震の揺れを伝えにくくする効果は高いです。

3つ目は制振構造です。
これはオイルダンパーなどの装置を建物内部に設置することで、地震の揺れを吸収する構造です。
免震に比べると効果は落ちてしまいますが、それでも十分に地震の被害を抑えられるでしょう。

耐震と制震

地震対策には地盤のチェックも欠かせません

地震による被害を抑えるためには建物だけに着目してはいけません。
建物自体を支えている地盤も重要です。
仮に建物に十分な耐震対策が講じられていても、その建物が立っている地盤が弱ければ、地震によって地盤沈下が起こったり、建物が傾いたりする可能性があります。

そこで、土地探しから始められるお客様に留意していただきたいのは
〇湖や川、池などがあった場所は地盤が弱い
〇山や森があった場所は地盤が強い
という点です。

今お住いの場所で建替えをされるお客様には、地盤調査を行うことをお勧めします。
長年住まわれてきた土地ではありますが、建替えを機に地盤についても調査していただき、もし地盤改良が必要な場合には適切な工事をされることをお勧めします。

まとめ

今回は地震に強い家にするための構造と地盤についてご紹介しました。
今回ご紹介した内容以外にも地震対策のことで気になること・相談したいことがある方もいらっしゃると思います。
そういった方は是非大栄建設までお問い合わせください。

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2022年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は80%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は70%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%

MENU