日銀がマイナス金利を導入!住宅ローン金利は・・・?

こんにちは。経理の戸屋です。

今日も雪雪 の予報が出てましたね。幸い、事務所周辺は雨雨でしたが、皆様のお住まいの地域はいかがでしたでしょうか?

 

ところで、昨日(1/29)日銀が「マイナス金利を導入する」と発表しました。

日本銀行外観[1]

 

 

 

 

 

 

この『マイナス金利』、どういうものかということを簡単に説明しますと・・・

私達が預金をしている銀行銀行(→三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行)は、中央銀行である日本銀行(=日銀)に預金口座があり、そこにお金を預けています。今回の『マイナス金利』はその預金金利がマイナスになることを意味します。

「預金金利がマイナスになる」ということは「お金を預けると手数料が取られる」ということになり、お金を預ける方が損をする!という銀行にとっては嬉しくない状況になります。

 

マイナス金利と住宅ローン金利がどう関係するかと言いますと・・・

マイナス金利になることで影響を受ける可能性がある指標として、国債(=10年物国債)の金利が挙げられます。

10年物国債の金利は「長期金利」と呼ばれるもので、固定金利の住宅ローンの指標となっているものです。

この長期金利がマイナス金利が導入されることで下がる可能性右斜め下があります(←メカニズムについては省略します冷や汗 (顔))。ということは、住宅ローンの固定金利が下がるかもしれないexclamation and question

金利の動きは誰にも予測できませんので、上がるとも下がるとも言えませんが、これから住宅ローンを組もうとしている方にとっては下がった方が嬉しいですよねわーい (嬉しい顔)

しばらく金利の動きに注目した方がよさそうです目

 

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2022年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は80%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は70%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%

MENU