釜利谷東の家🏠

こんにちは、堀越です牡牛座

ブログアップが止まってしまっていたのでまた頑張りたいと思います!

ひとつ前のブログに書いてありますが、大栄建設では省令準耐火構造という防火対策をしています。

どのような防火対策かというと、、、

省令準耐火構造の特徴は外部からの延焼防止や各室防火、他室への延焼遅延があります。

天井や内壁などでボードの厚さ、種類が変わり防火対策に適したものを用いています。

 右側だけボードが貼ってある状態 

防火対策の他にも外壁部分で工夫してあることがあります。

壁に打ち付けられている木は胴縁というものです。

木造の戸建て住宅では、外装仕上げ材と構造躯体の間に「通気層」を設ける「外壁通気構法」を採用していることが多いです。

 

 

 

 

 

 

外壁通気構法により通気層を設ける主たる目的は、住宅瑕疵担保責任保険の設計施工基準にあるように、外壁等(1次防水)から

浸入した雨水の壁体内への浸入を防ぎ、通気層を通して外部へ排出する「防水」と、それとは別に、室内や壁体内の湿気を

通気層を通して外部へ排出する「排湿」です共に対策を怠ると、雨水や湿気の影響を受け、構造材や下地材が腐って劣化したり

外壁仕上げ材や内装仕上げ材に不具合が生じたり、建物の耐久性や価値を下げてしまう恐れがあるため胴縁を打ち付けてあります。

 

快適に永く暮らせる家を建てるために、様々な工夫がされていました!

終わりも少し見えてきましたが引き続き現場状況をブログに書きたいと思います。

ではまた芽

 

 

 

 

 

 

ZEHビルダー

大栄建設は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

大栄建設の ZEH普及実績と今後の目標

2022年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は80%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は70%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%

MENU