住まいStudio体感!

こんにちは。現場監督の洋介です。

昨日は、LIXIL東京ショールーム内にある、住まいStudioを体感してきました。

この住まいStudioは、0℃に設定された冷蔵庫(冬場の外気温の想定)の中に、昔の家(昭和55年基準)、今の家(平成28年度基準)、これからの家(大栄建設が建てているスーパーウォール工法の家)の3種類の家が建ててあり、この家の中でエアコンを20度に設定した部屋と、暖房がついてない部屋がどれだけの温度差があるのかを体感、数字で確認出来る施設になっています。

こちらが昭和55年頃の断熱材が施された家の断面です。

こちらが現在の一般的な断熱材が施された家の断面です。(建築基準法上の断熱材の厚みの義務は無いので、全ての家がこの仕様ではありません。)

こちらがこれからの家、スーパーウォール工法の断面です。

3つのタイプの部屋をサーモグラフィで、温度差による色の違いをリアルタイムで確認している所です。

自分も部屋の中に入りましたが、やはり昔の家(左下)の窓側と床面は色で見ても分かるように、かなり冷たかったです。今の家(右下)も昔の家よりは青くありませんが、やはりまだ冷たく感じます。これからの家(上)はほとんど温度差を感じませんでした。

3部屋の天井付近、中間、床付近の温度と、暖房をしていない部屋の温度も確認出来ます。昔の家では12℃ぐらいの温度差(エアコン20℃設定なので、もっと暖かくしたらもっと温度差が生まれる)があり、これでは暖かい部屋から寒い部屋へ出た時に、ヒートショックで亡くなられる方が多いというのも、体感と数字で分かります。

これは室外側から、窓をサーモグラフィで表した物です。昔の家は、かなり窓から熱が逃げている事が分かります。

こちらの住まいStudioは、予約が必要です。お声いただければご予約をお取り致します。

こうした温度の違いを肌で感じて、目で見れる場所はなかなかありませんので、みなさんもぜひ一度体感してみてはいかがでしょうか?