マスクのことでちょっと気になったこと

皆様、こんにちはわーい (嬉しい顔) 社長の小林です。

新型コロナウィルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は解除されましたが、まだまだ感染しないよう、また感染させないように一人一人が気を付けなければならない生活が、当面の間続くと思います。

マスク着用での外出もその対策の一つですが、そのマスクのことで気になることを知り合いから聞きました。

某国で製造されたマスクの化学物質VOC濃度を測ったところ、なんと8500μg/m3という値が出たそうですふらふら

 (奥に見えるのがマスクです)

正確な測定方法ではありませんが、だいぶ高い値ですよね(ちなみに日本の基準値は400μg/m3が上限!)

この値が高いことで、お肌をはじめ身体に影響が出ることも考えられるそうです。

そこでその知り合いが「何か解決策はないか?」と色々調べたところ、普段、大栄建設でもお客様にオススメしている「FFC加工」という加工をすることによって、VOC濃度を下げることが出来るという結論に至ったそうですひらめき

「FFC加工」についての詳細は以下をご参照下さい!(↓)

免疫住宅とは

その話を聞き、大栄建設でも早速マスクのFFC加工をお願いしました!効果については…また後日お知らせしますね。

大栄建設ではその他にもマスク内の消臭に効くということで、かんなで削った桧のシートをご用意しています。

ご希望の方は是非ご連絡下さいクローバー

今後も少しでもマスク生活が快適になるようなことを探していきたいと思っていますほっとした顔