PPKの家の秘密 その2

本日もお疲れ様です。

現場監督の洋介です。

今日もとても寒かったですね。センター試験真っ最中の受験生は、風邪などひいていませんでしょうか?

前回に続き、暖かい家(病気になりにくい家)の秘密その2です。

断熱材の性能だけを考えれば、いろんなメーカーでいろんな種類の断熱材があります。ただ、どれだけ性能が良い断熱材であっても、隙間が多かったら、せっかく温めた空気もそこから冷やされてしまうので、壁際が寒いでしょうし、目に見えない壁の中で温度差が発生し、結露がおこり、柱を腐らせてしまい、建物の強度をもたせられなくなってしまいます。

私共の扱うSW工法の住宅では、柱とSWパネルや、柱とサッシの隙間を、コーキングや、発泡ウレタンで、1枚1枚、1ヶ所1ヶ所、丁寧に埋めていきます。簡単そうにみえますが、これがかなりの数なので、けっこう大変なんです。でも、これが他の断熱材だと、なかなかこううまく隙間はうまらないと思います。LIXILのSWパネルは、柱の太さより厚みが薄くても、高性能で硬い断熱材の為、隙間埋めの処理はしやすく、かつ、その残りのスペースで電気の配線をしたり、小さな金物を止めたり出来ます。なので、高性能なパネルの能力は落とさず使用出来ます。正直、よく考えらえているなと感心します。

ただ、それだけでは無いのです。長くなってしまったので、続きはまた…

DSCN2698 DSCN2514