金沢区西柴O邸 耐震補強工事

こんにちは!
最近、4歳の息子がいきなりV字バランスやって驚いた洋介です(+o+)

 

皆さんは、秋といえば…
やっぱり食欲でしょうか?秋の味覚、おいしい物ばかりですよね。
しかし、スポーツの秋ってのもありますね。
冒頭のV字バランスの話ですが、もうすぐ運動会という事もあり、演技の中でや
るのを覚えてきたらしく、仕事から家に帰るなり、いきなりの「V」驚 きますよね。

 

それでは、最近始まりました、金沢区西柴の耐震の現場の状況です!

こちらは、築30年以上(昭和56年より前に建てられ家)の建物で、基礎は無筋で、

評点が0.29(1.0でなんとか倒壊しないレベル)で、かな り地震に対しては
危険な建物でしたので、耐震補強工事をする事になりました。

 

こちらは住みながらで、中からなるべく補強しない方向(外壁側からの補強なの
で、なるべく壁の補強ヶ所を減らす方法)で検討した為、基礎補強が必須になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基礎補強を担当するのは、円京工務店の(ラミレス)五十嵐さんです。
まず、基礎廻りを根切り(穴掘り)をして、鉄筋を組む前の準備をしているところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
そうすると、2枚目であるような配管が出てきたりもします。
これは後日、水道屋さんに配管を移動して貰って、鉄筋組みに移っていきます(^^)