見えなくなる設備工事

こんにちは、設計の布谷(ぬのや)です。
先週は、なんとこんな季節に台風が接近しました。 上陸はしませんでしたが、
皆さんの所は風雨に巻き込まれなかったでしょうか?
これも地球温暖化現象が原因?!

 

今年はカラッとした秋晴れが少なかったように思います(私の場合)。
しかも、もうすぐそこに冬が近づいてます。

 

さて、今回は新築現場の内部設備工事のご紹介です。
仕上げをすると見えなくなってしまうところ。
一つめは洗面化粧台の配管工事(穴開け工事)。
設計図通りに配管用穴をきれいに真ん丸に開けてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして電気配線工事。
複雑にいろんな電気、電話、PC関係等のコードが必要な部屋と場所に
届くように、職人さんが頭を使って配線しています。
一つの「芸術?」かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は見えなくなる設備工事をご紹介いたしました。
このように、建築はいろんな職人さんの手を経て完成していきます。
完成までワクワクします。

では、次回またお会いしましょう。。。。